ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

エアホールが搭載されて浮力としなやかさがUP!デプスの「キンクーエアー」を是非デカバス狙いに!

デプスの超定番ストレートワーム「キンクー」。

腹部に設けられた細かなリブが水流をまとい、ナイフエッジテールがタイトにバイブレーションすることで多くのバスを誘い出せるワーム。

で、今回はキンクーをさらに改良した「キンクーエアー」に注目していきたいと思います!

 

キンクーエアー【デプス】

ボディ全体にエアホールを埋設させた「キンクーエアー」。サイズは7.8inと5.8inと4.8inの3サイズ展開です。

サイズ&数量 カラー 本体価格
4.8inch (8/pac)、5.8inch (6/pac)、7.8inch (6/pac) 8色 ¥700(税抜)

デプス公式「キンクーエアー」詳細ページはこちら

 

エアホールがしなやかさと浮力をもたらす

キンクーエアー」の最大の特長であるエアホールは、しなやかさと浮力をUPさせるのと同時に、水圧によりバブルを発生させることで自発的アクションをもたらします。

また、フォールから着底までユラユラと揺れながら倒れ込む姿にバスも思わず口を使ってしまうんだとか。

バイト後もリアルな食感がタフコンディション時に、より深いバイトを実現。

出典:YouTubeチャンネル「LureNews.TV」

 

ナイフエッジテールはさらに長く改良

エアホールに加え、ナイフエッジテールもさらに長く改良されています。アクションさせるとピリピリと、バイトへつながる微振動を発生。

 

収縮チューブのセット位置のみリブを排除

また、キンクーを使用する代表的なリグである”ネコリグ”をセットする際も、収縮チューブをセットする位置がスグに判るように一部だけリブを無くしたデザインに。

 

見切れしにくいヘッド形状

ヘッド形状はジグヘッドやネイルシンカーを埋め込んでも破損し難いようにリニューアル。

 

ボディバランスも従来のキンクーよりも、やや細く長くなったんだとか。このような感じで、細かい箇所が色々改良されてさらに使いやすくなりました。

 

甲殻類成分が配合

バスが最も好むエビやザリガニなどの甲殻類を粉砕し生成された甲殻類成分が、引張強度が高められた、針持ちの良いウルトラソフトマテリアル(7.8inch=ソルト含有量15%、5.8・4.8inch=ソルト含有量20%)に配合。

よって、バスを強烈に刺激する味と匂いで高い集魚効果と咀嚼時間が高められ、しっかり送り込みフッキングに持ち込ませてくれます。

出典:デプス公式「キンクーエアー」詳細ページ

 

リグによって違ったアクションを演出

ジグヘッド&テキサスリグ

ジグヘッドやテキサスリグによるフォーリングでは、リブが水流と複雑に絡むことで、緩やかなスパイラルフォールを発生させると同時に、ナイフエッジテールが生みだす微振動によって、バイトへ導きます。

このフォーリングアクションは、特に夏から秋のサスペンドしているバスに威力を発揮するとのこと。

 

 

ワッキーセッティング

適度な張りと太めのボディは、ワッキーセッティングで力強く水を動かし、トルクフルな復元力でリアクションバイトを誘います。

さらにノーアクションによるロングポーズ時においても、ナイフエッジテールが独特の揺らめきを生み出し、タフコンディション下での切り札として、活躍するメソッドです。

出典:デプス公式「キンクーエアー」詳細ページ

1 / 2
次へ