ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

デカイ魚を獲るためのPEライン!強度・結束のしやすさ・飛距離がそろったエクリプスの「ヴァリアントPE」

強度と飛距離、そして結束のしやすさで大型魚をキャッチするエクリプスのPEラインが「ヴァリアントPE」です。

普段、皆さんはラインを選ぶ際、何を基準にしていますか?

PEラインと一言で言っても何本組かによって強度も大きく変化します。

出典:エクリプス

ヴァリアントPEは8本組のPEラインですが、VEX8製法により従来のモデルより耐久性が大幅に向上しています。

今回はそんなヴァリアントPEの強度や耐久、4本組・8本組などラインの組について触れながらお話していきます。

PEラインの4本組と8本組の違いについて。

様々なメーカーで販売されているPEライン。

4本組や8本組が大半かと思いますが、最近では12本組や6本組など様々なモデルが登場しています。

そもそも、この4本組と8本組といった本数の違いはどのようなところに現れるのでしょうか?

PEラインは何本かの原糸を組んで成り立っています。

出典:エクリプス

表記されている号数は原糸で構成されている太さなので、同じ号数で考えると4本組の原糸は8本組の原糸より太く、4本組の方が8本組より耐摩耗性に強くなります。

また、直線強度で言えば原糸の密度が高く、編み目がズレにくい8本組の方が強いといえるでしょう。

原糸の隙間で抵抗感が変わる!

出典:エクリプス

ここで注目するのが、4本組・8本組それぞれの原糸の隙間です。隙間が大きくなればなるほど糸の断面が〇ではなくなるため、抵抗感が増します。

カンタンにいうと真円に近い方が飛距離に優れ、波や風などの影響を受けにくいほか、結束強度が強くなるなどのメリットがあげられます。

このPEラインについての詳細はエクリプスのニンベン仲村さんのレポートに詳細が記載されいされていますので、ぜひチェックしてみてください。

詳細はこちら

ダイニーマ原糸を用いたVEX8製法により耐久性が大幅にUP

出典:エクリプス

このヴァリアントPEはダイニーマ原糸を用いたVEX8製法により一般的なPEラインと比較し耐久性が大幅に向上。

ラインのケバだちと色落ちを大幅に軽減させるほか、不意のランカーにもパワーを発揮。

一般的な8本組のダイニーマ素材にありがちなコシの弱さを徹底排除し、ガイド絡みや強風ライン下でのトラブルを激減させてあります。

現場での正確な飛距離の把握やライン交換時の残量把握に便利な10mマーキングも入っています。

ヴァリアントPEのさらに注目ポイント!

出典:エクリプス

前述した通りヴァリアントPEは8本組のため、ノットの結束が非常に強く、ノットが決まり強くなります。

また素材も非常になめらかで、ノットの締め込みもしっかり決まりやすくなります。

これによりキャスト時のガイドの抜け感、キャストフィールの向上、飛距離性もUPする効果があります!

このほかにもヴァリアントPEは他のPEと比べてコシがあり、ガイド絡みや強風時のトラブルが少なく釣りに集中できるなど、アングラー目線に立った仕上がりになっています!

ヴァリアントPEのスペック

Color:ビジブルイエロー、ナチュラルピンク

長さ:150m

0.8号/16lb/¥6,700、1号/22lb/¥6,100、1.2号/25lb/¥5,300、

1.5号/30lb/¥5,100、1.7号/32lb/¥5,100、2号/35lb/¥5,100

価格は全て税抜

ナイトゲームや濃いサラシの中でも高い視認性をキープするイエローと、視認性を確保しつつも魚に違和感を与えにくいピンクの二色展開になっています。

リングス(RINGS) プロフィール

釣用品総合商社ツネミのオリジナルブランドRINGS(リングス)。トータルブランドリングスにはさらに3つのカテゴライズがある。実践型バスブランドとなるENGINE(エンジン)、ショアからオフショアソルトまでのソルトルアーゲームアイテムがそろうECLIPSE(エクリプス)、そしてエリアとネィティブの現場からのフィードバックしたアイテムがそろうトラウトブランドDAYSPROUT(ディスプラウト)。