ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【最も短くて仕舞寸法が48.5cm】軽量で強い新作ランディングシャフト!シマノの「ランディングシャフト Gフリー」をご紹介!

大物が掛かった時にあると便利なのが、”ランディングシャフト”。

ネットとギャフの両方を取り付けることができるので、ソルトはもちろん、バスのオカッパリなど色々な釣りに対応! 今回はシマノから8月に登場予定のメチャ使いやすそうなランディングシャフトをご紹介!

 

ランディングシャフト Gフリー【シマノ】

2020年8月登場予定

軽量でコンパクトなのが特長の「ランディングシャフト Gフリー」。

品番 全長(m) 継数(本) 仕舞寸法(cm) 自重(g) 先径(mm) カーボン含有率(%) 本体価格(円)
350 3.5 9 48.5 未定 15.3 99.4 28500
450 4.5 9 59.5 未定 15.3 99.5 33500
550 5.5 10 64.9 未定 15.3 99.6 38500

 

フィールド適合表
品番 足場の高さ(代表的な場所)

(漁港・池・川など)

(全般)

(防波堤・磯など)
350
450
550

★=最適 ◎=適 ○=可

 

釣種適合表
品番 釣種
バス ライトゲーム
(メバル・アジ)
ブリーム
(クロダイ・キビレ)
エギング シーバス ライトショアジギング
350
450
550

★=最適 ◎=適 ○=可

シマノ公式「ランディングシャフト Gフリー」詳細ページはこちら

 

優れた携帯性を実現

携帯時やランディング時におけるストレスフリーを追求した「ランディングシャフト Gフリー」。

軽量かつコンパクトな仕舞寸法(350は約49cm、450は約60cm、550は約65cm)は、実釣時のあらゆる動作やしゃがんだ際に邪魔になりにくく、優れた携帯性を実現します。

 

その存在は、まるで身に着けていることを忘れてしまうほど。そして伸ばした際のシャープな張り感は、もっとも緊張感が高まるランディングのシーンにおいて高精度の操作をサポート。

従来では軽量化=肉薄化したブランクスはつぶれに対する強度の低下や、剛性の低下によるブレやパワーロスが生じますが、シマノ独自の基本構造スパイラルXコアによって、それらのデメリットを徹底抑制。軽量でありながら高い強度と剛性が達成されたランディングシャフトに仕上がっています。

 

スパイラルXコア

曲げ、ネジレ、つぶれなど、あらゆる方向に対して、さらなる高強度化を徹底追求したシマノ独自の設計・製造方法。

ロッド性能を根幹から高めるシマノ独自の基本構造スパイラルXに、ナノアロイ®テクノロジーにより実現した高強度樹脂を用いたカーボンテープを使用。

選りすぐりの素材でさらなる高強度化を実現。一般的な構造との比較で、ネジリ強度1.4倍、つぶれ強度2.5倍を達成(当社比)。さらにスパイラルXとの比較でも、ネジリ強度10%アップ、つぶれ強度15%アップを達成(当社比)しました。

 

ディテール詳細

では、ディテールにも注目していきましょう!

 

Gクロスプロテクター(元竿)

元竿玉口を補強し、美観も向上。

 

マットラバーコーティング(元竿)

濡れた手でも滑りにくく、耐摩耗性も向上。

 

全節新固着防止構造(当社比3 倍)

ランディング後の固着トラブルを抑制。耐久性にも優れ、初期性能が長く持続。

 

エアアシスト尻栓

スピーディーでスムースな振出を実現。

出典:シマノ公式「ランディングシャフト Gフリー」詳細ページ

 

これから面白くなってくるショアからの青物狙いにも重宝しそうですよね! 是非「ランディングシャフト Gフリー」で大物をキャッチしてくださいね!

シマノ(Shimano)

1921年創業。1970年に「レジャーを通して人々の健康に寄与する 」という企業哲学のもと、釣具事業部が発足。リール、ロッド、ルアー、用品などクオリティの高いアイテムの開発、製造、販売までを行い、釣具の総合ブランドとして、国内外問わず多くのファンを抱えている。独自の技術も数多く、世界に誇るジャパンクオリティを提供し続けている。