ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【このスペックで2万円台前半】ライトジギングのエントリーモデル!ダイワの新作ロッド「20ヴァデル LJ」に注目!

ジギング特集

青物をはじめ、マダイや根魚、ヒラメなどのフラットフィッシュ、シーズンになればタチウオ、80gくらいまでのライトなジグを使用して、イサキなどを狙ったり。

手軽に始められて、お土産も十分とあって、近年人気上昇中のライトジギング。

そんなライトジギングを“さらに身近なものにしてくれる”ロッドが2020年8月ダイワから登場!

エントリーモデルとして人気の「ヴァデルBJ」がリニューアルされて、「ヴァデルLJ」として登場予定です!

 

そもそもヴァデルBJって

ダイワのライトジギングロッドのエントリーモデル「ヴァデル BJ」。

出典:ダイワ公式「ヴァデル BJ」詳細ページ

価格も2万円程でとてもリーズナブル。値段は抑えたいが性能にも妥協したくないという方に最適なロッドとして人気を博したモデル。

ダイワのオフショアトップブランドである”ソルティガ”の性能を受け継ぎ、エントリーモデルとは思わせない調子とパワーが魅力のロッド。

 

20ヴァデル LJ【ダイワ】

2020年8月登場予定

そんな、ヴァデルBJがリニューアルされ、今回登場することになった「20ヴァデル LJ」

 

実際リニューアルされてどう変わったのか? についてですが、大きく変わったのはレングスです。

ヴァデルBJは全長6.6ft(1.99)でしたが、今回の「20ヴァデル LJ」は、取り回しの良さを重視して、ビギナーの方でも扱いやすいように少し短めの6.3ft(1.91)に統一。

パワーに関しては、スピニングタイプのXXHが新たに追加され、スピニングとベイトそれぞれH、XH、XXHの3タイプの、計6機種となっております。

それに、ルアーウエイトの幅も広がり、最大200gまでのジグを扱えるようになるなど! スピニングとベイト共に、この3パワーで幅広いライトジギングシーンをカバーすることが可能になりました。

価格ももちろん「ヴァデル BJ」のコスパを継承、手に入れやすいというのも特長の1つです。

 

パワーごとの使い方はこんな感じ

・H:使用ラインはPE0.8号主体で、湾内の比較的ライトなジギングにオススメ

・XH:使用ラインはPE1.5号主体で、近海のオールラウンドモデル

・XXH:使用ラインはPE2号までで、中型⻘物など少しヘビーな釣りに!

 

スペック表
アイテム 全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
自重
(g)
先径/元径
(mm)
ルアー
重量
(g)
ライン
PE
(号)
カーボン
含有率
(%)
価格
(円)
VADEL LJ 63
HB
1.91 2 144 130 2.0/9.9 30-120 0.6-1.2 87 20500
VADEL LJ 63
XHB
1.91 2 144 140 2.1/10.4 60-150 0.6-1.5 88 20500
VADEL LJ 63
XXHB
1.91 2 144 145 2.2/10.9 80-200 0.8-2.0 89 20500
VADEL LJ 63
HS
1.91 2 143 120 2.0/9.9 30-120 0.6-1.2 86 20500
VADEL LJ 63
XHS
1.91 2 143 125 2.1/10.4 60-150 0.6-1.5 88 20500
VADEL LJ 63
XXHS
1.91 2 143 135 2.2/10.9 80-200 0.8-2.0 89 20500

 

 

ディテール詳細

パーツにもコダワリが詰まっているので、早速注目していきましょう。

 

ガイド

エントリーモデルでありながらも、”ステンKフレームガイド”が採用。PEライン特有の糸絡みなどがしにくい設計になっています。

 

 

グリップ(ベイト)

握りやすさが最大の特長。ライトジギングの定番グリップ、”TCSグリップ”を採用。

 

グリップ周りのデザイン

ブラック&シルバーでクセがない!ヴァデルシリーズならではのシンプルで飽きのこないデザインに仕上げられています。

次ページでは各モデルをご紹介
1 / 2
次へ