ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【チヌゲームとは一体どんな釣り?】ポイントや使うルアーまたはタックルセレクトまで!チヌゲームの基礎についてご紹介!

チヌゲーム特集

河口や、サーフ、漁港など…。身近なフィールドで手軽に楽しめるルアージャンル、”チヌゲーム”。

ショートバイトを掛けた瞬間の強烈な走り出しがチヌゲームの醍醐味です。

 

そこで、今回はチヌゲームの魅力を知っていただくため、”シーズン”、”タックル”、使用ルアーなど! 基礎的なことをご紹介させていただこうと思います。

 

手軽でエキサイティングなチヌゲームをご紹介!

チヌゲームとは?

チヌゲーム専用のルアーやワームを使ってチヌを攻略する釣りのことをチヌゲームと言います。主なターゲットは、キチヌ(キビレ)とクロダイ(チヌ)の2種。

キチヌ(キビレ)

 

クロダイ(チヌ)

 

地域にもよりますが、クロダイ(チヌ・マチヌ)より比較的キチヌ(キビレ)の方が積極的にバイトしてきますが、2種共にパワフルな引きを楽しませてくれます。

 

シーズンについて

実は1年中楽しむことができますが、中でも1番の狙い目は春から夏にかけて。スポーニングに向けてエサを活発に追い始めるのと、水温の上昇とともに狙いやすくなります。

夏に向かうと、小型が混じりやすくなるので春から夏が大型を狙うことができるチャンスではないでしょうか?

冬に関しては少し難易度が高めですが、温排水エリアや風の影響を受けにくいエリアなどを重点的に探ると釣れる確率が上がります。

これから増々アツくなるチヌゲーム! 始めるなら今のタイミングがサイズも数も狙えるのでベストなタイミング。最後まで読んでいただいて、チヌゲームを満喫しましょう!

 

使用するタックルをご紹介

ロッドは7〜8fが基本

チヌゲームをするにあたって基準となる長さは7〜8f前後。短すぎず長すぎないので扱いやすく、飛距離も稼ぐことができます。

チヌゲームの魅力であるパワーに満ち溢れた引き。その引きを耐えるためには、パワーのあるロッドが必須。

活性が高かったり、周りに障害物がなければ手持ちの他の魚種を狙うロッド(エギングロッド、シーバスロッド、バスロッド、パワーのあるメバリングロッド)で代用できますが、やはりチヌゲーム専用設計されたものに使い勝手は勝てません。

ですので、試しに行くだけなら他のルアーロッドでも充分ですが、本格的に始めるならチニングロッドをオススメします!

 

チューブラーティップとソリッドティップ

チヌゲーム用のロッドをセレクトする上で重要視してほしい要素が、”チューブラーティップ”か”ソリッドティップ”のどちらを選ぶかについて。

チューブラーティップ

チューブラーティップとは、穂先が空洞になっていて曲がってから戻ろうとする反発力が一般的に強いといわれています。また中が空洞なので穂先の重みが軽いなんて話も。

 

ソリッドティップ

ソリッドティップは穂先がみっちり詰まっていて、チューブラーとは逆に、曲がりやすくなっているのが一般的。

穂先が円を描くように曲がることが特徴。チューブラーとは異なったカーブを描きます。

 

結果好みになってしまいますが、どちらかというとチューブラーモデルはオールマイティーに活躍してくれます。

ルアーのアクションがさせやすく、アタリがあったら積極的にしっかり掛けていく楽しさを味わいたいならチューブラーがオススメ!

また、逆にソリッドティップは繊細なチヌのアタリを弾かずに食い込ますことができ、フッキングまで持ち込んでくれます。

活性が低い時のショートバイトをシッカリ掛けにいくことができるのも、ソリッドティップのメリットではないでしょうか?

結論「掛けに行く」か「乗せに行く」かでロッドを選んでいただければなと思っております。自分のスタイルに合ったロッドをお選びください。

 

リールは2000〜2500番がオススメ

チヌゲームで使用するのに使いやすいリールの番手は2000〜2500番くらいがベスト。

チヌゲームに限らず出番が多い番手ですので、普段お使いのリールを流用する方が多いのではないでしょうか?

 

使用ラインは基本的にPEセッテイングがオススメ

使用ラインに関しては、PEライン0.4〜1号に、フロロカーボンラインのリーダー1.2〜3号が目安。

フィールドにストラクチャー(障害物)が多い所では、メインラインとリーダー共に太めにセットしておくと掛かった時も安心してチヌとやり取りができるでしょう。

メジャークラフトの弾丸ブレイドX4(ライトゲームスペシャル)0.4号

 

メジャークラフトの弾丸フロロショックリーダー。3号(12Lb)

 

チヌゲームで使用するルアーについて

チヌゲームは基本的にデイゲームとナイトゲームが存在し、使用ルアーもジグヘッドやチヌ用ラバージグ、小型のメタルバイブやクランクポッパーなど色々なルアーが存在します。

で、実際デイゲームとナイトゲームとでは、効くルアーの種類も多少違ってきますので、使い分けについて紹介していきます。

 

デイゲームではトップウォーターやリアクションの釣りが効果的

デイゲームは基本的に反射的にバイトさせたり、ハイアピール系のルアーが有効となります。

ですので、ポッパーやペンシルなどの小型のトップウォーターまたは、リアクションで誘っていけるメタルバイブ。それに、ダート系のワーム&ジグへットなどが有効です。

メジャークラフトの「ちぬブレード」

 

メジャークラフトの「BUN太」のダートタイプと「パラワーム・ダート」

 

ポッパーで釣ると迫力満点

 

ナイトゲームはボトムの喰わせの釣り方が有効

ナイトゲームはデイゲームとは違い、ジグヘッドリグやチヌ用ラバージグを使い、ボトムをズル引いて誘うことが基本。

チヌ用のズル引き専用に開発されたジグヘッドやラバージグは、様々なメーカーからリリースされているので、どれにするか選ぶのもチニングの楽しさでもあります。

ジャッカルの 蟹(かに)クライマーチヌ

 

ジャッカルの「ちびチヌヘッド」

 

メジャークラフトの「ジグラバータイプ2」

出典:メジャークラフト・ジグラバータイプ2詳細ページ

 

ジグヘッドリグやチヌ用ラバージグに装着するワームについて

ジグヘッドリグやチヌ用ラバージグに装着するワームも、各メーカーから色々なものがラインナップ!

チヌ専用に開発されたものもあれば、ロックフィッシュと併用して使えるものまで幅広くラインナップされていますよ! 選ぶコツはフィールドのチヌが何のエサを食べているかを把握することです。

 

出典:メジャークラフト・ファイティングクロー詳細ページ

 

アクションはボトムズル引き

アクションはスローに巻きながらボトムをズルズル引いてくるだけというシンプルな誘い方。また、たまに止めたりして喰わせの間を取ってあげるのも有効ですよ!

 

実践的なことは動画でチェック!

ここまで読んでいただくと、読む前よりチヌゲームの知識も増えたはず! 後は動画をチェックして、実際にルアーを動かしている様子やチヌとのやり取りを実際に確認していただければ、後はフィールドに足を運ぶだけですね!

 

日中も夕方も簡単にクロダイが釣れる!「ヒロセマンのボートde釣れすぎチヌゲーム」

河川やボートで楽しめるクロダイ釣り「チヌゲーム」の専用ロッドセレクトbyヒロセマン【メジャークラフト】

クロダイ(チヌ)が夜も昼も簡単に釣れる4種のルアーセレクトbyヒロセマン【メジャークラフト】

【ジャッカル】杉山代悟のDaigo Style 短時間でサクっと楽しめる お手軽チヌゲームin大阪府淀川

 

これからハイシーズンを迎える”チヌゲーム”を満喫しましょう!