ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

梅雨に超効くルアーはズバリ! 沈むエビ・虫系ルアー! 間違いないルアーと使い方を解説

寄稿:横川隼大

こんにちは!!横川隼大です。

6月に入り全国的に梅雨入り。。。人間的には少しすごしにくい季節ですがバスにとっては天国? なこのタイミング!

ってことで今回は梅雨に効くルアーを紹介したいと思います!

横川 隼大(HAYATA YOKOKAWA ) プロフィール

JBスーパーバスクラシックを史上最年少で優勝(2009年)。趣味: ルアーいじり。1989年生まれ、埼玉出身、静岡在住

 

 

梅雨に効くルアーはズバリ!  虫・エビ系ルアー

梅雨時期はバスにとって最大のイベントである産卵を終え体力回復のためにエサを捕食します。

だけど、すぐにベイトフィッシュを追いかけ回す体力がないので、捕食しやすい虫やエビなどに狙いを絞って捕食しています。

しかも虫やエビは栄養が豊富なのでバスにとっては最高のエサ!

なのでその最高のエサにルアーを合わせてあげれば、やっぱり間違いないです!!

 

虫・エビ系ルアーでは、具体的に何がオススメ⁉

オススメはヤゴォォォォン【ジャクソン】

元祖「沈む虫」でおなじみの「ヤゴォォォォン」を絶対的にオススメします!!

エビの産卵時期に突入するので卵を持った栄養たっぷりのエビをバスが見逃すわけがありません。

Size Type Quantity Price
1.75in Sinking 5 ¥700
2in Sinking 5 ¥730

 

どんな場所で使えばイイ?

ズバリ、エビがいる所! テトラ周りなどがアツいです

どんな場所で使うのかは、とても簡単! エビが居る場所です。

桟橋、護岸、縦スト、ウィードなどなど、単純にエビがいる場所にヤゴォォォォン投入すればOKです!!

 

ちなみに自分的に一番ののオススメなシチュエーションはテトラ!!

エビも外敵から身を隠して産卵したいので、テトラの中で産卵することが多いです。

でもエビは体重が軽いのでちょっとした波や衝撃でテトラから離れてしまい、「フワフワフワァ~」と水中をサスペンドします。 バスはこの時を狙っています!!

だから無理にテトラに中にルアーをアプローチしなくても大丈夫。テトラの周りにヤゴォォォォンを投げて下さい!

 

あと、虫を意識したバスが多そうならフローティングの虫ルアー「ムシイイイイン1.25inch」を投入するのもアリ、こちらはマス針チョン掛けで使ってみてください!

Size Type Quantity Price
1.25in Floating 5 ¥700

 

 

どんなリグ? どんなカラー?がイイ

リグはオフセットフック・ノーシンカーを基本に、ネイルを入れるのもアリ

ヤゴォォォォンはオフセットフックを使ったノーシンカーが基本です。

水深が深い場所やフォールスピードを速めたい場合はネイルシンカーを入れても良いです。

「手持ちカラーはたくさんあった方が有利」

カラーの基本はストラクチャーに合わせる事。だってエビも身を隠すために背景と同化してますもん!

例えば泥底だったらグリパン系などなど、基本はそんな感じで良いです。

ただとにかくカラーはいっぱいあったほうが色んなシチュエーションに合わせることが出来るので、色々と揃えてみてくださいね!。

2020年には「ヤゴォォォォン」と「ムシイイイイン1.25inch」の新色として私が絶対に欲しかったカラーを追加リリースさせて頂きましたので、こちらもぜひチェックしてみてください!!

「ヤゴォォォォン」のカラーバリエ

 

ムシイイイイン1.25inch」のカラーバリエ

 

私的には特に脱皮虫が大好きです☆

 

 

 

 

 

私が現場で使っているヤゴーン攻めタックルはこちら

ロッド:ブラストビーツBBS-64L

リール:2500番

ライン:バリバス アブソルートMGフロロカーボン 4lb

ルアー:ヤゴォォォォン

ジャクソン

1980年設立、静岡に自社工場を持つルアーメーカー。 ロングラン人気を誇るアスリートシリーズなどシーバスルアーをはじめ、サゴシ、チヌ、青物、ロックフィッシュ、アジ、メバルなどSW各ジャンルのルアーやロッドなどのアイテムを続々と発表。またソルトだけでなくまたバスやトラウトアイテムも豊富。 様々なルアーターゲットに向けたこだわりのルアー、タックルを輩出している。