ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【リバーシーバスのドリフトに】急流ではアクションが破綻せず、ヨレに入るとオートでチドる!エクリプスのランドラゴ

ドリフト特化型・ランドラゴ

河川特有の押しの強い流れに投入してもアクションが破綻しないシーバス用スイミングペンシルがランドラゴ

いわゆる「ドリフト」メソッドに抜群の使いやすさを発揮してくれます。

まず簡単にスペックから説明すると、ランドラゴは90mmと120mmの2サイズあり、いずれもフローティング。

ランドラゴ90F

出典:エクリプス

全長 ウエイト フック リング 価格
90mm 14g がまかつSP-MH #4 #3 2,080円

【公式製品ページは→コチラ

ランドラゴ120F

 

出典:エクリプス

全長 ウエイト フック リング 価格
120mm 23g がまかつSP-MH #3 #4 2,200円

流れのヨレでバランスを崩す

先ほど強い流れでもアクションが破綻しないと述べましたが、急流でもロール+スラロームアクションを生みます。

複雑な流れでもそのアクションが出せるようリップレス構造となっています。

ただし、ヨレに入るとオートにバランスを崩す千鳥アクションを生み出します。

特にエリアによって特定のベイトがあるような場合は、この千鳥アクションがかなり効果的。こういった流れのヨレ(強弱)は、シーバスにとっても都合のよいフィーディングポイント。

強い流れの中ではアクションが破綻せず、ヨレに入るとオートにフラつく、この瞬間のバイトをかなり誘発するルアーとなってます。

動き出しが早い

高磁力のネオジウムとスチールボールの移動重心で、ややファットなフローティングモデルながら十分な飛距離を確保しています。

また移動重心ながら固定重心に負けない着水からの動き出しの早さも魅力。

これはウエイトが移動するレールに傾斜が絶妙に付けられ、泳ぎ出す時には前方にしっかりウエイトがある状態となることから、固定重心並のレスポンスの早さが得られています。

120Fと90Fですが、端的にいえばアピールの強い120F、そしてそのフォローのナチュラルな食わせとしての90Fといった位置づけを基本に、あえて流れでバタつくルアーと動きの破綻しにくいランドラゴで様子を見てみるというのも手。

またレンジは120Fが淡水で30cm、出きらないシーバスを想定した90Fは若干深く50cmとなっています。

リングス(RINGS) プロフィール

釣用品総合商社ツネミのオリジナルブランドRINGS(リングス)。トータルブランドリングスにはさらに3つのカテゴライズがある。実践型バスブランドとなるENGINE(エンジン)、ショアからオフショアソルトまでのソルトルアーゲームアイテムがそろうECLIPSE(エクリプス)、そしてエリアとネィティブの現場からのフィードバックしたアイテムがそろうトラウトブランドDAYSPROUT(ディスプラウト)。