ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ホライゾンLJ「思いっきり曲げてみた」ムービーでお好みのSLJロッドの参考に!

天龍のホライゾンLJの中でスーパーライトジギング向けの3機種は、ベイトロッドのHLJ641B-FLLとスピニングロッドのHLJ631S-FLL、同じくスピニングロッドの HLJ641S-FUL。

出典:テンリュウ

その3機種の「思いっきり曲げてみた」動画シリーズが天龍公式YouTubeにアップされていますので、参考にしてみてください。

ロッドの角度と数値はスペック上の最大ドラグ値です。 いずれの機種も実際の耐力は表記よりも十分に持たせており、まだまだ余裕がうかがえますよね。

ベイトロッド HL641B-FLL

出典:YouTube「天龍 釣具事業部」

出典:テンリュウ

ベイトロッドHLJ641B-FLLは水深80m前後まで、60g前後のジグがベストなロッド。

漁礁周りのピンスポットをバーチカルに攻める場合に扱いやすいベイトロッド。

ロックフィッシュやバーチカルなタイ狙い、タチウオなどにも使いやすいロッド。

全長(m[ft]) 継数 アクション ルアーウエイト(g) ベストウェイト(g) ライン(lb) PE(号) ドラグMAX(kg) 自重(g) 価格
1.93[6’4″] 1 RS MAX100 60 16 0.6~1.2 2 126 ¥35,500

スピニングロッド HLJ631S-FLL

出典:YouTube「天龍 釣具事業部」

スピニングロッドのHLJ631S-FLLは、水深は50m前後まで、60g前後のジグが扱いやすいモデル。

上記ベイトロッドHLJ641B-FLLと味付けはよく似たスピニングロッド版といえます。

631S-FLLのグリップ

スピニングロッドはやはりキャストしての斜め(横方向)のアプローチができるのが魅力で、そのためにスピニングモデルの中では短いリアグリップ長(410mm)となっています。

このためアンダーでのキャストもしやすいのが特徴。

全長(m[ft]) 継数 アクション ルアーウエイト(g) ベストウェイト(g) ライン(lb) PE(号) ドラグMAX(kg) 自重(g) 価格
1.90[6’3″] 1 RS MAX100 60 16 0.6~1.2 2 104 ¥33,000

スピニングロッド HLJ641S-FUL

出典:YouTube「天龍 釣具事業部」

水深は50m前後まで、40g前後のジグを扱いやすいスピニングロッドHLJ641S-FUL。

より軽い40g前後のジグの扱いに長けるというのがひとつポイントとなります。ウルトラライトの最も繊細なモデルで、軽いジグでフォール時間を稼ぎながら、かつフォールバイトにも追従しながらしっかり掛けられるロッドといえます。

こちらも410mmのリアグリップ長でアンダーキャストも決めやすいのが特徴。

全長(m[ft]) 継数 アクション ルアーウエイト(g) ベストウェイト(g) ライン(lb) PE(号) ドラグMAX(kg) 自重(g) 価格
1.93[6’4″] 1 RS MAX80 40 16 0.6~1.2 2 102 ¥33,000

 

驚異的な粘り腰

異素材をつなぐマグナフレックス製法によるグラスティップはジグの余計な挙動を防ぎ、C・N・T(カーボンナノチューブ)は驚異的な粘り腰をもたらします。

天龍テクノロジー動画もチェック

竿全体が仕事をしてくれる2代目ホライゾンLJは、SLJの〝あるある〟である「不意の大物」にも驚くほど対応してくれるはず。

全国的にさまざまな特色のあるスーパーライトジギングにしっかり対応してくれるホライゾンLJ、ぜひチェックしてみてください!

【ホライゾンLJ公式製品ページは→コチラ

天龍(テンリュウ)(てんりゅう)

1961年、六角竹竿加工業として下伊那郡鼎町下茶屋に塩澤製作所設立。1990年、株式会社 天龍に社名変更及び改組。創業当時、六角竹竿で一世を風靡し、1970年には日本初となるバスロッドを自社ブランドで発売。以降、カーボン素材を主軸に幅広い時代のニーズを先読みしたアイテムを輩出している。ソルトウォーターでは超軽量&高感度のSWライトゲームロッド「ルナキア」、ライトジギングでは「ホライゾン」が有名なほか、バス、トラウト、エリアフィッシング、さらにはテンカラなど、非常に幅広いジャンルでこだわりの強いロッドを生み出している。