ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

スイッチを入れる!バイブレショーンにブレードの強アピールメタルバイブ「TGジャカブレード」

メタルバイブといえばリフト&フォールの縦アクションなど、低水温期に強い冬のルアーのイメージは強いかと思います。

もちろんそれは今でもそうで、リアクションには非常に強いルアー。しかしながら、飛距離やサーチ能力、そしてスイッチを入れる意味において、最近では季節を問わずひとつの武器として使用する人も多くなってきています。

素材もメタルといっても、チタンであったり、あるいはボディの一部に基盤を使ったもの、ウエイトにタングスタンを使用したものなど多彩に。

動き出しの速さや、波動などに特色あるメタルバイブレーションが各メーカーから多数リリースされています。

TGジャカブレード

今回紹介するのはノリーズ「TGジャカブレード」

出典:ノリーズ

Size-Weight Price
51mm – 9g ¥1,000
57mm – 12g ¥1,100
63mm – 16g ¥1,100

【公式製品ページは→コチラ

 遠くからバスを呼ぶ強いメタルバイブ

TGジャカブレードの特徴は、なんといってもボディに装着されている小型ブレード。

メタルバイブにブレードが装着されているのは比較的珍しく、バイブレーションに加えてブレードの波動とフラッシングをプラス。

さらには音の追加効果も。ボディとブレードの接触音もあり、遠くのバスを引き寄せやすい強さが魅力のメタルバイブです。

リフト&フォールではブレードレスにしてフォールスピードとボディのバイブレーションを強めるというチューニングもあり

スローでも誘える

ボディのバイブレーションとブレード効果で、一般的なメタルバイブと比較しより多くの振動を生むため、スローリトリーブでもしっかり誘えます。

速過ぎるルアーを追ってきづらい時にも使いやすいのが特徴。

またシャローからディープまでレンジを問わずに使え、応用範囲の広いメタルバイブレーションといえます。

キャストからのファストからスローリトリーブもこなし、リフト&フォールでも強いアピールで魚を寄せるTGジャカブレード。

さらに2カ所のラインホールでフロントを基本に、ボトム付近をデッドスローに誘う場合や濁りが入ったフィールドではリアホールとセッティングができます。

強いアピールと応用の利くTGジャカブレード、バスの活性の低い中途半端な時期に投入してみるのもよいかもしれませんね!

関連記事&動画

【琵琶湖でブレイク中!?】話題のブレード付メタルバイブ・ノリーズ「TGジャカブレード」が、さらに釣れるようになる諸富流直付けチューン法が公開されたゾ

出典:YouTube「noriesecogearmovie」

ノリーズ(NORIES)

日米のトーナメントで活躍を続けていた田辺哲男が立ち上げたブランドで、ブランド名は田辺哲男の哲男(のりお)からとってノリーズと付けられた。現在はマルキューのウエルエフの人気ブランドの1つとしてバス、ソルト、トラウトという各ジャンルからこだわりのアイテムを多数輩出中。ノリーズのバス関連アイテムで特に人気なのはロッド「ロードランナー」シリーズで、年々ブラッシュアップされ、現在もロングランヒットを記録中。