ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

なぜスーパーホバリングフィッシュが「ホバスト」に効くのか、その理由

注目のホバスト

中層で、ピンポイントを、長く誘える。枝なしでも。

大まかにいうと、今注目のテク「ホバスト=ホバーストローリング」は、そんな釣りです。

紀伊半島でのシークレット「フワフワリグ」がその起源で、堤治朗さんが使用していたリグが原型となったそうです。

冒頭で述べたように中層で狭い範囲を延々と誘えるホバストは、これまでバスがあまり見てきていないルアーの動きであり、いわば初期反応もあって驚異的にバスの反応が得られています。

上記の動画は少し前に公開させていただいた、山岡計文さんのホバスト動画。

そこで使用されているワームはティムコのPDL・スーパーホバリングフィッシュです。

出典:ティムコ

【公式製品ページは→コチラ

いまやホバスト用ワームとして確固たる地位を築いたといえるスーパーホバリングフィッシュですが、なぜスーパーホバリングフィッシュがホバストに効くのでしょうか。

スーパーホバリングフィッシュが効く理由

まず非常に細かな、力としては竿先の動きだけを伝えるような弱いピッチでも、しっかりアクションが伝わる点が挙げられます。

中空構造かつ尾ビレにあたる部分の手前から若干のテーパーが入り絞られているシェイプ。これが小さなシェイクでも微細なロールアクション、そしてテールにかけてのなまめかしい動きを生み出してくれます。

ラインが受ける水の抵抗を生かし軽量なスーパーホバリングフィッシュの移動距離を極限まで抑えた「その場で誘い続けるアクション」がバスから激反応を得られている理由。ここはひとつ非常に重要な点となります。

ピンスポットで微細なアクション

このあたりはミドストとホバストの相違点であり、ミドストがホバストと比較すれば広範囲を探るのに対して、ホバストはより限定的なピンスポットでのアプローチ。

中層の狭い範囲で誘い続けられるからバスが反応を示しており、それができる設計であるのがスーパーホバリングフィッシュといえます。

ミドストとホバストの比較でいえば…

ホバスト=サイトでピン
ミドスト=ブラインドで広範囲

と基本的にはなってきます。もちろん、スーパーホバリングフィッシュも「ココはおいしい」という場所でマイクロシェイクをするとバスがたまらず出てくる側面はありますが、ベースとしてはそう考えてもらってよいかと思います。

最後の一押しを促す3本のピンテール

さて、そしてテールから伸びる3本のピンテール。これもひとつ肝です。

ホバストは、その「今まで見たことない感」からバスがかなり高確率で見にきます。こんな所にフワフワしたやつ見たことないし…。バスからしたらそんな感じでしょうか。

いや、でも怪しいな、どうしようかな。そう思っているバスを「やっぱりこれエサでしょ」と思わせて最後にバスに口を使わせるのが、この3本のピンテールの超微細なアクション。

追う、見にくる、そこからもう一押し、このギリギリのせめぎ合いを助けてくれるパーツといえます。

このあたりが「ホバストワームの代名詞」といえるスーパーホバリングフィッシュの魅力といえるでしょう。

だからホバスト専用ロッド

そして、「ホバスト特化」ロッドであるフェンウィック・エイシスのタイトシェイキンスペシャル(ACES61SULJ )は、そんなスーパーホバリングフィッシュの、文字通りタイトな、マイクロピッチを表現させるためのロッドとなっています。

竿全体をたわませるのではなく、超細かなシェイクを伝えるために設計されたファストテーパーでしなやかなティップを持つロッドとなっているのです。

【公式製品ページは→コチラ

山岡プロのセッティング動画もぜひ

ティムコ(Tiemco) プロフィール

株式会社ティムコはフィッシング ・アウトドア関連用品の企画開発、輸出入、製造及び販売を行う。Fenwick(フェンウィック)のフィッシングロッド、そのフラッグシップモデルを刷新したACES(エイシス)、偏光サングラスのサイトマスター、フライフィッシングをルーツにするフィッシングギアFoxfireなど取り扱いブランド、ジャンルは多岐に渡る。ルアーにおいてもプロアングラーのアイデアを形にしたPDLから、ローカルエリアでの釣果に特化したロコイズムなど、独創的なアイテムをリリース。2019年には株式会社スノーピークと両社のアウトドア・ユーザー層のさらなる拡大を目指し、資本業務提携契約を締結、トータルでのアウトドアの魅力を発信し続けている。