ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【撃投ジグの性能を継承したコンパクトジグ】ベイトが小さい時にはコレ!オーナーばりの「投次郎」をご紹介!

オーナーばりのジギングシリーズとして知られている「投技シリーズ」。

撃投シリーズに比べると最初からフックが付いていたり、ビギナーアングラーでも手が出しやすいシリーズではないでしょうか?

で、今回紹介するのは、投技シリーズにラインナップされているコンパクトなシルエットが持ち味のあのメタルジグ。

 

投次郎【オーナーばり】

はい! それがこちらの「投次郎」。

オーナーばり公式「投次郎」詳細ページはこちら

 

特長

投次郎を紹介する理由は、何といってもコンパクトで非常にキャストしやすく、良く釣れるから! その釣れる秘密について迫っていきたいと思います!

 

コンパクトでベイトが小さい時に有効

釣れる最大の理由はジグ自体がコンパクトで、サイズ問わず多くの魚がアタックしてくれるというトコロ! もちろんブリのような大きいサイズも狙えますが、大物1発狙いというよりは、幅広いサイズを釣って楽しめるという感じ。

また、シルエットはやや幅広に設計されていて、コンパクトさも相まってスローにフォールできるのも特長。

潮が動かないときなど、喰いが渋った時でもスローにネチネチ攻められるので、記者も常にタックルボックスに忍ばせています。

アクションは比較的抑えめなウォブリングアクション。リーリングさせながら細かく上下に動かすワンピッチで誘ってあげると効果的。また、ツバス・ワカシ(ハマチの幼魚)のような小型の青物を狙う時は、速いタダ巻きが有効とのこと。

 

なにせコンパクトなので、スレ気味のときに使うと効果的のようです。

また、撃投ジグのDNAをシッカリ引き継いでいる「投次郎」は、アクションはモチロンのこと塗装がメチャ丈夫! ボトムなどにコンタクトさせても塗装が剥がれにくいのも特長の1つではないでしょうか?

 

初めから”投技フック 早掛シングル”が標準装備

最初からルアーのアクションやターゲットにベストに合わせられた「投技フック 早掛シングル」が標準装備されています。

出典:オーナーばり公式「投技フック 早掛シングル」詳細ページ

※こちらのパッケージ商品は別売

フックのフラッシャーに水圧がかかり、ジグの方が着底が早く根掛かりを軽減してくれるんです。

 

また、針先がストレートポイントなので触れるだけで刺さるかのような抜群なフックキング性能を誇っています。

組糸にもこだわりが。メタルジグは軽くなればなるほど針にかかる水圧がアクションを妨げるので、それを軽減するため極力細い組糸が採用されています。

出典:YouTube「オーナーばり公式チャンネル」

 

また組糸の中にフロロカーボンラインを入れて張りを持たせてあることで、ジャークしても絡まないというメリットもあります。

1 / 2
次へ