ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【タイニーゾーイ】濱田禎二のTHタックルからI字引き&ホバスト対応! 61mm食わせ系キテレツプラグが登場

デザインや発想が面白く、かつ実釣力の高い、夢のあるルアーを続々と登場させているメーカーなのが、ハマティこと濱田禎二さんT.H.Tackle(ティーエイチタックル)。

濱田さんTHタックルのブログ「今日のハマティ」

 

そんな濱田さんデザイン、THタックルを代表するルアーといえるのが、ゾーイシリーズ!

そんなゾーイシリーズに新たにスピニングタックルで扱える、食わせ特化型の新型小型ゾーイが登場します!

それは…

タイニーゾーイ【THタックル】

ボディー/62mm
自重/8gプラス(フローティング)

 

フローティングで水面直下をI字引きできる!

この小型のタイニーゾーイなんですが、基本的な使い方は従来のゾーイと同じI字引き!

タイニーゾーイはフローティングなんだけどリトリーブすると水面下に潜る設定にしてあるのが特長。なので引くと水面下をI字引きできるんです。で、フローティングなので、止めて浮かせてポーズで誘ったりもできるようになっています。

 

実はホバストもできるように開発されたモノなんです

で、実はタイニーゾーイはもう1つ特殊な使い方ができるように開発されています!実はホバストできるように設定されているんです。

前述したようにタイニーゾーイはフローティングでシェイクすると潜ろうとする設定になっているので、弱い細かいシェイクを続ける艶めかしい誘いのアクションをしてくれます。

加えてホバストの細かなシェイクにも対応するべく従来のブレードを廃止して、フロントにプロペラを配置してあるんです。

実際、ホバストさせるとシェイクした瞬間にペラが回り、ルアーが停止し、惰性で動いていたペラが停止する前に次のシェイクによってペラが回るという動きの連続にない、ホバスト中は常にペラもアクションし続けてくれるようになっているんです。

 

従来のゾーイとの変更点

①ブレードが無くなり、プロペラに変更。
②ボディーが大きく湾曲
③縦向きシンキング→横向きフローティング

 

カラーは12色

 

というわけで、I字引きだけでなくホバストにも対応してくれる「タイニーゾーイ」。気になった人はぜひチェック&現場投入してみてくださいね!

 

THタックル情報

【ジョイントゾーイRほか】独創的キテレツルアーデザイナー濱田禎二のTHタックル注目ルアーを紹介

【HIRATAヒラタ】スナッグレスハードフロッグ?‬キテレツルアーデザイナー「ハマティ」こと濱田禎二の新作が面白い

スイクロこと「スィートフィッシュクローラーSweetfishCrawler」濱田禎二THタックルの超絶にリアルすぎるデカ羽根モノルアーを紹介