ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

バラシ激減!がまかつ「ツインフック」システム搭載フックをまとめてみた

さまざまなターゲットで、そのバラシの少なさを発揮しているがまかつ・ラグゼのツインフックシステム

出典:ラグゼ

先日はYouTube「ラグゼムービー」にてランカーシーバスのデスロックシーンが公開されています。

フックが2本とも貫通、二ヵ所でロックしバラさないフッキング、それがデスロック。

出典:YouTube「LUXXE MOVIE」

トレブルでもなくダブルフックとも違う、新たなフック「ツインフック」についてはこれまでにも紹介してきましたが、今一度駆け足で解説します。

ツインフックの特徴

ツインフックは1本1本独立したフックをチューブでまとめたものでフックの可動域が広い。

あらゆる魚の口に合わせてフレキシブルに動きフッキング。ファイト中も引きに応じて角度が変わるので、針穴が広がらずバラシを激減させてくれます。

また、2本の針だけど1本1本が独立しているので、二次的にフッキングすることが少なく魚にムダなダメージを与えないというメリットもあります。リリースする時にはうれしいですよね。

ツインフックにすることでもう一つ嬉しいのがルアーのボディとフックが接触しずらくなるところ。

この接触恩が、時にナーバスな魚に警戒心を与えてしまうことも。プラグの外向きになるようにセットすれば、その接触は最小限になりますよね。固定式ではなく角度が調整可能なメリットはこんなところにも生きてきます。

 

出典:YouTube「LUXXE MOVIE」

ツインフックのラインナップ

バラシ激減、魚へのダメージを与えにくい、そんなツインフックシステムを搭載しているラインナップをご紹介。

ツインSP-M

出典:ラグゼ

号数 線径[φmm] 重量[g]
スプリットリング含む
重量[g]
スプリットリングなし
希望本体価格(4本入り)
#8 0.76 0.30 0.24 ¥950
#7 0.81 0.35 0.29
#6 0.86 0.46 0.35
#5 0.92 0.52 0.41
#4 0.99 0.63 0.52
#3 1.07 0.82 0.64

 

フトコロ強度、耐摩耗性に優れるトーナメントグレードワイヤー。フッ素樹脂系の摩擦係数の少ないナノスムースコートを施したモデル。

 

【公式製品ページは→コチラ

 

ツインSP-MH

出典:ラグゼ

号数 線径[φmm] 重量[g]
スプリットリング含む
重量[g]
スプリットリングなし
希望本体価格(4本入り)
#6 0.99 0.56 0.45 ¥900
#4 1.07 0.79 0.61 ¥900
#2 1.26 1.17 0.99 ¥900
#1 1.36 1.38 1.2 ¥950
1/0 1.46 1.81 1.51 ¥1,150
2/0 1.56 2.21 1.81 ¥1,250
3/0 1.67 2.61 2.21 ¥1,350

ミディアムヘビーのこちらはナノスムースコートを採用しておらず、フックが入った後の抜けにくさを重視したモデルともいえます。T.G.W.やマイクロバーブなどの仕様は同様になっています。

【公式製品ページは→コチラ

 

ツインSP-M ビッグベイトSP

出典:ラグゼ

号数 線径[φmm] 重量[g]
スプリットリング含む
重量[g]
スプリットリングなし
希望本体価格(4本入り)
1/0 1.36 1.50 1.30 ¥1,150
2/0 1.46 1.90 1.60 ¥1,200
3/0 1.56 2.30 1.90 ¥1,250

待望のビッグベイト用スプロートベンドがこちら。刺さり重視のナノスムースコート、T.G.W、マイクロバーブ仕様。

【公式製品ページは→コチラ

また、特注仕様でwebカタログなどには掲載されておりませんが、上記SP(スプロートベンド)と異なるRB(ラウンドベンド)の「ツインRB-Mシルバーリミテッド」もあり。

正直なところ割高感はありますが、ここぞという時の信頼感はバツグン!ぜひチェックしてみてください。

がまかつ(がまかつ)

1955年創業。大阪府大阪市に本社を置き、シンガポールに本店を置く。釣り竿、釣り針、ウェアなどをメインに製品を開発・製造・販売を行っており、ルアー部門では「ラグゼ シリーズ」が有名である。