ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

池内的「状況別ラインセレクト法」

連載:池内修次の毎日イカ曜日♪

皆さん、こんにちは。デュエルの池内です。

今週も、アオリイカ情報はもちろんのこと、デュエル &ヨーヅリ、ゼスタなどの最新情報をお伝えしたいと思いますのでよろしくお願いします!

イカを釣り上げる生命線、ラインの紹介

ステイホームが続くと、どうしても道具をいじりたくなりますよね。

エギングにおける、おろそかにしがちな大事なアイテム…。

それは、やはりラインになります!

せっかくの大物をラインブレイクで逃してしまったら涙も出ません。

ですので、今のうちに交換して準備万端で挑みたいものです。

最近多くのファンの方からたくさんの問い合わせを頂きます。

そこで、私が現在使っている用途別のラインリーダーをご紹介します。

キャスティングライン紹介

まずは、キャスティング用!

私は、気象条件や地形などにより2〜3タックル用意してフィールドに向かいます。

強風下ではアーマードシリーズ

まず、気象条件で風が強い場合は、ライン自身に比重があるタイプのデュエルアーマードシリーズを使います。

風による影響を少しでも和らげるため、ラインを水面下に沈めることができる高比重タイプのラインになります。

出典:デュエル

私のかなり好きなライン、デュエルのアーマードF+はEZ-Q・パタパタとの相性もよいラインです。

ウルトラPE+フロロカーボンなのでトラブルも少なく、キャスト時も風に流されにくいので、エギの弾道も安定します。

起伏の激しい場所ではX4プロエギング

出典:デュエル

次に地形ですが、海底がゴツゴツしている起伏の激しい場所では、デュエル・ハードコアX4プロエギングを使います。

四本の原糸で編んでいるので、一本一本が太く耐摩耗性に優れています。

PEライン自体は根ズレには決して強くはないのですが、耐摩耗性のことを考えると十分に優秀なラインです。

また、ラインに張りとコシがあるので、キャスト時のトラブルもなく風にも負けないのでストレスなく釣りを楽しめます。

条件のよい日はX8プロ

出典:デュエル

そして、気象条件もバッチリ 無風のエギング日和では、間違いなくハードコX8プロエギングを使います。

まずライン自身がしなやかなのでガイド通りがよく、とても飛距離が出ます。

ガイド擦れでの糸鳴りもせずエギングに集中できるのもオススメ!

またとにかく感度が高いのでエギの動きやちょっとしたアタリがダイレクトに手元に伝わります。

直線強度でも、この3タイプの中では一番強く安心できるラインになります。

X4プロエギングとX8プロエギングは、どちらもラインの比重は軽く、海水面に浮くタイプになります。

そのため、ダートマスターアオリーQシリーズパタパタQなどのダート系エギとの相性がよいので、気象条件だけではなくエギのタイプでラインを決めることで釣果アップにも繋がります!

リーダーは約1ヒロ~1ヒロ半が適正

最後にリーダーですが、リーダーは長さによってエギに与える影響があることも念頭に置いてください。

リーダーもフロロカーボンなので、比重が重いため沈みます。

短い長いで利点・欠点がありますが、一般的に1ヒロ〜1ヒロ半をとってもらえると十分です(1ヒロは約1.5m)。

リーダーの太さも、私はほぼ通年2.5号を使ってますが、秋は2号、根ズレしやすい場所では3号にすることもあります。

ぜひ、この事を参考に次の釣行で試してみてください。皆さんの釣果につながることを祈ってます。

では、また次回のイカ曜日もお楽しみにね〜‼︎

池内 修次 (Shuji Ikeuchi) プロフィール

デュエルプロスタッフで、エギング界のスペシャリストの1人。エギング釣行回数は年間150日以上。 中層エギングをメインに多彩なシャクリパターンを使いこなし、両眼2.0というおっそろしいまでの視力でサイトフィッシングも得意とする、笑顔がステキな寝ても覚めてもエギング! なアツいオトコ。 WEB動画番組「スマイルエギング」にも出演中 https://www.youtube.com/watch?v=fXWFLBamzkQ https://www.lurenewsr.com/32671/

DUEL

1967年創業の老舗! 福岡県福岡市を拠点とするバス釣り&SW各魚種向けのルアー、エギ、フィッシングライン中心に手掛ける釣り具の総合メーカー。 デュエルの人気主要ブランドは3つ! 国内向けのルアーと釣り糸を主に扱う「デュエル(DUEL)」 主にイカ釣り製品と海外向けルアーを中心に扱う「ヨーヅリ(YO-ZURI)」 ラインやルアーを主に扱う「ハードコア(HARDCORE:釣糸、ルアー)」