ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【三原虫】三原直之プロデュース!IMAKATSUの人気ムシ型エビ系ルアーを紹介

虫系ルアーが気になる季節ですよね。

というわけで、今回は、三原直之さんプロデュースの人気ムシ系ルアー「三原虫(みはらむし)」をご紹介。

三原直之(Mihara Naoyuki) プロフィール

東条湖をホームに2015年からTOP50メンバーとして日々戦っている。トーナメントの傍ら、東条湖観光スタッフ&ヒューマンフィッシングカレッジのトーナメントスキル講師としても活躍中。

三原虫 三原虫40【イマカツ】

さて、この三原虫ですが、一般的なルアージャンルで区別すると、多足系の「沈む虫」に分類されると思います。

ただ三原さん的にはエビ系ルアーとして捉えていて、実際、「エビ」をイメージした使い方、具体的には「エビのホバリング」アクションが好み。

実際、三原虫に配置されているシリコンラバーはホバリングするエビの多足をイミテート、そしてその多足は水中で超ウルトラデッドスローに沈下しながら微妙に絶妙に震え続けてくれるんです。

三原さんいわく、このスローな動きがキョーレツに効果を発揮するのは5月〜 7月までのアフタースポーンのシーズン。

産卵を終えて、 体力の無い魚が虫やエビを捕食し始める時期がピークとのこと。

サイズはオリジナルの三原虫(ミハラムシ)が2インチ(5本入り)に加え40mmのミハラムシ40(1パック4本入り)の2種あり

 

三原虫のリグについては、スローな誘いが有効なタイミングでは、マス針チョン掛けのノーシンカーがオススメ。

1

逆にバスの動きが速めのシーズンやバスの意識がボトム付近にある場合はダウンショットが◎。

 

 

実際に、三原さんによる実釣動画を撮影したモノもあるので、ぜひチェック

池原ダム巨バス連打の妙技_イマカツ三原直之

出典:YouTube LureNews.TVチャンネル

三原虫2inchのカラーバリエーション

 

三原虫40のカラーバリエーション

これからの時期、多くなってくる見えバスにも効果的なので、ノーシンカー、ダウンショット、あとキャロなんかでも使ってみたいですね。