ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ライトロックにオススメ!天龍・ロックアイヴォルテックスの2機種

出典:天龍

身近な場所からライトリグでロックフィッシュを楽しむのにオススメな天龍のロッドがロックアイヴォルテックスの2機種。 出典:テンリュウ

ロックフィッシュゲームをフルカバーするラインナップ

その前にロックアイヴォルテックス自体を駆け足でご紹介すると、ハードロック、ボートロックなど様々なロックフィッシュゲームをフルカバーする全8機種(スピニング4機種、ベイト4機種)がラインナップされています。

出典:天龍 ベイトモデルの1つ、78B-HH。1オンスクラスのリグなら何でも来いなバーサタイルモデルだ

モデル タイプ レングス(m[ft]) 継数 アクション 仕舞寸法(cm) ルアーウエイト(g) ライン(lb) PE(号) リアグリップ長(mm) 自重(g) 価格
RV71B-HH ベイト 2.16[7’1″] 2(オフセットハンドル) F 180 14-45 12-30 1-2 270 157 ¥34,000
RV74B-M ベイト 2.24[7’4″] 2 RF 115 5-28 6-14 0.6-1.5 270 131 ¥37,500
RV78B-HH ベイト 2.34[7’8″] 2 F 120 14-45 12-30 1-2 270 149 ¥38,000
RV85B-HH ベイト 2.57[8’5″] 2 F 131 14-45 12-30 1-2 300 161 ¥38,500
RV75S-L スピニング 2.26[7’5″] 2 RF 117 5-20 5-12 0.6-4.5 285 108 ¥37,000
RV76S-ML スピニング 2.29[7’6″] 2 RF 117 5-25 5-12 0.6-1.5 335 119 ¥37,000
RV78S-H スピニング 2.34[7’8″] 2 F 120 8-30 8-20 0.8-1.5 335 140 ¥38,000
RV91S-H スピニング 2.77[9’1″] 2 R 142 8-35 8-20 0.8-1.5 400 156 ¥41,000

ショアから、オフショアから、そしてロックフィッシュと一口にいっても幅広い魚種もいることからライトモデルからパワーゲームモデルまで揃っています。

ベイトタイプのグリップ。EVAグリップ採用

ステンレスフレームKガイドが写真のベイトタイプ、スピニングともに採用されている

スピニングモデルのRV78S-H 。ディープを重めのリグのスイミングでという時に重宝する、サブネーム「Heavy Swimmin’」

スピニングのEVAグリップ

 

スピニングのステンレスフレームKガイド

親しみやすいライト感を持つ2機種

その中で〝丁度イイ〟ライト感を持つのがベイトキャスティングロッドのRV74B-MとスピニングロッドのRV75S-Lです。

例えばメバリングのロッドがどんどんフィネスになり、ハードロック系ロッドがロングレングスでパワフルになり、ともすると万人には扱いづらかったりする中で、身近な場所で手軽に楽しめるロックフィッシュゲーム用ロッドとしてリリースされています。

出典:天龍

2017年にその2機種が追加されました。

当時、ライトなカテゴリーは比較的ニッチだった思うのですが、今では堤防などのチョイ釣りでライトにロックフィッシュを楽しむ方が多くなったと感じます。

テスト釣行、発売前の蔵野雅章さんの動画は以下。

RV74B-M (Rock Light Versatile)

ライトリグを使ったベイトのバーサタイルモデルがRV74B-M。対応ウェイトは5~28gで1ozまでが範囲となりますが、最も扱いやすいのは14gクラス。特に10g前後のライトリグは得意。

ティップの繊細さでリグの操作感はありながら、ベイトロッドに求められる粘りとバットパワーがあり、不意の大物にも対応してくれます。

RV75S-L (Rock Finesse)

スピニングのフィネスモデル。シリーズ最も繊細なモデルで、アンダー10gのライトテキサスやジグヘッドリグに好適。繊細でしなやかなティップはルアーをスローに操作しながら、食い渋るターゲットに口を使わせる、食わせの釣りでも重宝します。

ボチボチお近くのロックフィッシュが活発になってくる季節ではないでしょうか? 気持ちよく釣りに行けるようになったら、まずは手軽なライトロックゲームはどうでしょうか!

【ロックアイボルテックスの製品詳細ページは→コチラ

天龍(テンリュウ)(てんりゅう)

1961年、六角竹竿加工業として下伊那郡鼎町下茶屋に塩澤製作所設立。1990年、株式会社 天龍に社名変更及び改組。創業当時、六角竹竿で一世を風靡し、1970年には日本初となるバスロッドを自社ブランドで発売。以降、カーボン素材を主軸に幅広い時代のニーズを先読みしたアイテムを輩出している。ソルトウォーターでは超軽量&高感度のSWライトゲームロッド「ルナキア」、ライトジギングでは「ホライゾン」が有名なほか、バス、トラウト、エリアフィッシング、さらにはテンカラなど、非常に幅広いジャンルでこだわりの強いロッドを生み出している。