ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ジャッカル】タイラバの世界が広がる!フルリニューアルの「ビンビンスティックHS&VCM」シリーズ全解説

タイラバ特集2020

ジャッカルのタイラバロッドの基軸となるシリーズがリニューアル。

まず、ジャッカルにはどのようなタイラバロッドのシリーズがあるかというと、昨年リリースされた、エキスパート対応モデル「ビンビンスティックエクストロ」。

エントリーモデルの「ビンビンスティックRB2ピースモデル」、「ビンビンスティックRB」。

そして、今回ご紹介する、「ビンビンスティックHS」と「ビンビンスティックVCM」です。

2シリーズありますが、まずは「ビンビンスティックHS」から、どんなコンセプトのロッドなのか、どういった機種があるのか、詳細に解説していきましょう!

掛け調子モデル「ビンビンスティックHS」

HSとはHi Sensivityの略で、高い感度という意味。
繊細なカーボンソリッド搭載で、ボトムのわずかな変化も分かりやすいのが特徴です。


高感度の掛け調子モデルで、わずかなアタリも逃さず、積極的にマダイを掛けていく、攻めのモデルとも言えます。

例えば、波で船が大きく上下に動くような状況でも、ティップがシャキッっとしているので、暴れず操作性が◎。視認性が高いオレンジのスレッドもありがたいですね。

従来のHSから、現在のタイラバシーンに合うような素材と製法を一新し、すべて新しいラインナップになりました。

また、素材だけではなく、ユーザーのニーズに応えて、ワン&ハーフと呼ばれる仕様に変更。

これにより仕舞寸法がMAX130cmとなり、携行性が非常によくなり、公共交通機関利用での釣行にも便利に!

そんな、現在のタイラバシーンに求めらるモデルとなってリニューアルした「ビンビンスティックHS」。

全5モデルですが、1機種ずつ、簡単に特長をご紹介していきます!

BS-C76UL-HS

シリーズ中、最長モデル。大型の乗合船や、波で上下するような状況に非常に有利なロングレングス。
軟らかくても長さを活かして、フッキングが決まるストロークが確保できます。

BS-C69L-HS

スタンダードモデル。タイラバにじゃれついてくるようなアタリも察知する感度を追求。
ベリーの張り、しなやかに曲がるバット、それらの要素をバランスよく搭載した1本です。

BS-C66M-HS

即掛け性能にフォーカスしたモデル。間髪入れずに即掛けできるパワーのあるベリーとバットを持つ、メリハリの効いたモデルです。鯛ジギングにも最適です!

BS-S69ML-HS

高感度で掛け調子、適度な張りを持つスピニングモデル。
6.9ftという長さを活かし、広範囲を狙うキャスティングタイラバに対応します。

BS-S65M-HS

シャローでタイラバやジグをキャストし、広範囲にアプローチする攻撃性も持ったスピニングロッド。
ベリー、バットに張りがあり、ソリッドティップ搭載でメリハリの効いたモデル。釣座に関わらず、キャストしやすい長さの設定になっています。

■SPEC

Name Length(ft)/(m) pcs Power Weight Lure(g) Line Price
BS-C66M-HS 6’6″/1.98m 2(仕舞寸法130cm) MEDIUM 132g MAX200g PE 0.6-1.2号 ¥27,000(本体価格)
BS-C69L-HS 6’9″/2.06m 2(仕舞寸法 130cm) LIGHT 123g MAX160g PE 0.6-1.0号 ¥27,000(本体価格)
BS-C76UL-HS 7’6″/2.29m 2(仕舞寸法 130cm) ULTRA LIGHT 125g MAX160g PE 0.6-1.0号 ¥28,000(本体価格)
BS-S69ML-HS 6’9″/2.06m 2(仕舞寸法 130cm) MEDIUM LIGHT 111g MAX80g PE 0.6-1.2号 ¥27,000(本体価格)
BS-S65M-HS 6’5″/1.96m 2(仕舞寸法 130cm) MEDIUM 120g MAX100g PE 0.6-1.2号 ¥27,000(本体価格)
動画もぜひご覧ください!
次ページでは「ビンビンスティックVCM」をご紹介!
1 / 2
次へ