ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

実はメリットいっぱい!水野浩聡イチオシのスピニングタックルを用いたフロッグゲーム。

連載:水野浩聡のOne more fish

こんにちは! GWらしくなく僕も皆さんと一緒で自宅で過ごす毎日となっています。動画の編集をしたり、このように原稿を書かせてもらったりする度に釣りに行きたいなぁっと思ったりする今日この頃。

今は何とか頑張って乗り越えた先に、きっと楽しく釣りができる日々が訪れると思っているので、それを心待ちにして今できる事をとにかく精一杯やっていこうと思っております。

今週も去年の写真を見ていると、ウズウズするような写真が出てきたので、今回もそれらを紹介していこうと思います笑。

 

大好きな釣りの1つ! 「スピンガヴァチョ」を使用したフロッグゲームをご紹介!

それは、僕の大好きな釣りであるフロッグ! 今は釣りへの自粛要請が出ていて、釣りには行けませんが、地元岐阜県のメジャー河川、「五三川(ごさんがわ)」でのフロッグゲームの写真です。

 

このようなプレッシャーのかかりやすい場所では、コンパクトフロッグの「スピンガヴァチョ」【ジャッカル】を使用していました。

Name Length Weight Type Price
SPIN GAVACHO 46mm 6.2g Floating ¥1,100(本体価格)

ジャッカル公式「スピンガヴァチョ」詳細ページはこちら

 

アピール力に優れていて移動距離を抑えることができる「スピンガヴァチョ」

ルアー前面には、大きなカップが付いていて、スプラッシュや音を出すことができる他、コンパクトフロッグにありがちな、アクション時に手前にきてしまうという現象も、このカップが抵抗となりブレーキの役割を果たしてくれるおかげで、一点でネチネチと誘えます。

また、ラバースカートも3本出ているので、これもまたアピール要素だけでなくブレーキとして一役かっているんですね。

現状では少し早いタイミングですが、6月以降にメインになる釣りで、バイトシーンも見ることができ、迫力があります。

また、カバーをガンガン攻めることのできる手返しの良さは、僕の釣りのテンポにピッタリで、とにかく楽しい釣りですので皆さんにもトライしていただきたいですね。

少し難しいかもしれませんが、来月釣りに行けるような環境になれば本当はベストなタイミングなんですが、こればかりは読めないので仕方ありませんね。

 

スピニングタックルでフロッグゲームをするメリット

スピニングタックルでするメリットは、ベイトタックルに不慣れな方やベイトでスキッピングなどのテクニカルなキャストができない方でも簡単にキャストができるというトコロ。

サイドキャストで鋭くロッドを振り抜いてもらうだけで、勝手にルアーが滑っていくので、カバーの奥を狙いやすいんです。

もちろんPEラインはマストアイテムなので、それ専用のタックルを組んでもらうことにはなりますが、組む価値が絶対にある釣りだと思っています!

それに、スピニングリールだと重心が下にくるため、ベイトタックルでやるよりもアクションをつけやすいと思います。

この釣りは、とにかくカバーに絡めてなんぼな釣り。

 

中途半端にカバーの手前に落としてしまうとバイトチャンスは激減します。

ローライト時は、結果的にカバーの外でバイトすることもありますが、カバーの奥に入れるからこそ、そこから追ってきたバスが外側でドカン! と出ることも多かったりするのでカバーに入れこむからこそバイトチャンスが増大する釣りなんです。

カバーに引っ掛かっても、ゆっくり一直線に手前に引っ張れば十中八九返ってきます。

逆に、無理に反動をつけて引っ張ると、枝にクルンと巻いてしまったりして回収率は下がってしまいます。

カバーに突っ込んでも、落ち着いてゆっくり手前に引っ張ることだけを意識してくださいね!

 

出番が多くてハイプレッツシャーでも結果が出やすいフロッグゲーム

気をつけることはホントにこのくらいで、あとは恐れずどれだけカバーに対して思い切って撃ちこめれるかにかかってきます。

仮に来月も初夏も釣りに行けなかったとしても、9-10月くらいの秋シーズンもフロッグの出番は結構あり、プレッシャーの高いフィールドでも比較的釣果がだしやすいのが、このスピニングタックルを用いたコンパクトフロッグゲームのメリットです。

 

フロッグゲームで使用するタックルデータはこちら

ロッド:ポイズンアドレナ267ML【シマノ/ジャッカル】

 

リール:ヴァンキッシュ2500SHG【シマノ】

 

ライン:PE1.5号 直結

 

まだまだシーズンが長く活躍してくれる釣りだと思うので、もし興味のある方は今のうちにタックルを組んでもらうことをオススメします!

ホントにエキサイティングで楽しい釣りですので、ぜひトライしてみてくださいね!

 

水野浩聡(Mizuno Hiroaki) プロフィール

生まれ持ったセンスと岐阜県・東濃野池群通いで培った無数のテクを武器に、全国各地のオカッパリフィールドを走り回る日々を送る。とにかく楽しむエンジョイ系フィッシングが大好物なアングラー!ジャッカル・プロスタッフ。

 

WEB連載 水野浩聡のワンモアフィッシュは毎週  木曜日 配信!
過去の記事もぜひチェック!

過去の連載記事はこちらから、チェックしてみて下さい