ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

2020年アブガルシアの注目NEWスピニングリール「レボMGXシータ」と「レボALXシータ」に導入された巻き心地を軽くする新しいテクノロジーとは?

アブガルシアの2020年新作スピニングとして注目を集めているのが、レボMGXシータとレボALXシータ。

いずれも軽量、そして巻き心地の軽さが特長といえる最新型のスピニングリールに仕上がっています。

レボMGXシータ【アブガルシア】

2020年1月登場

【レボMGXシータ・RevoMGX θ】注目のアブガルシア2020年 新作スピニングリールを詳しく紹介

モデル名 初回リリース年 税別価格 自重 ギア比 ノブ形状 最大ドラグkg ハンドル1回転最大巻取長 ベアリング 糸巻量
Revo MGX THETA1000S 2020年1月登場 ¥35,000 163g 6.2 スモールラウンド 3 63cm 10/1 0.148(3lb) 100m / PE 0.4 100m
Revo MGX THETA2000S 2020年1月登場 ¥36,000 168g 5.2 フラット 3 69cm 10/1 0.165(4lb) 100m / PE 0.6 100m
Revo MGX THETA2000SH 2020年1月登場 ¥36,000 168g 6.2 フラット 3 83cm 10/1 0.165(4lb) 100m / PE 0.6 100m
Revo MGX THETA2500S 2020年1月登場 ¥36,500 180g 5.2 フラット 5.2 73cm 10/1 0.205(6lb) 100m / PE 0.8 150m
Revo MGX THETA2500SH 2020年1月登場 ¥36,500 180g 6.2 フラット 5.2 87cm 10/1 0.205(6lb) 100m / PE 0.8 150m
Revo MGX THETA2500MSH 2020年1月登場 ¥36,500 185g 6.2 ミッドラウンド 5.2 87cm 10/1 0.235(8lb) 100m / PE 2.0 150m
Revo MGX THETA3000SH 2020年1月登場 ¥37,000 188g 6.2 ミッドラウンド 5.2 96cm 10/1 0.235(8lb) 100m / PE 2.0 150m

アブガルシア公式 レボMGXシータ詳細ページはこちら

 

レボALXシータ【アブガルシア】

2020年6月登場予定

【レボALXシータ】アブガルシアの2020年NEWスピニングの超注目コスパモデルを紹介【1000番~5000番の10モデルラインナップ】

モデル名 発売日 税別価格 自重 ギア比 ノブ形状 最大ドラグkg ハンドル1回転最大巻取長 ベアリング 糸巻量
Revo ALX THETA1000S 2020年6月登場予定 ¥20,000 190g 5.2 スモールラウンド 3 63cm 7/1 0.148(3lb) 100m / PE 0.4 100m
Revo ALXTHETA2000S 2020年6月登場予定 ¥20,500 200g 5.2 フラット 3 69cm 7/1 0.165(4lb) 100m / PE 0.6 100m
Revo ALX  THETA2000SH 2020年6月登場予定 ¥20,500 200g 6.2 フラット 3 83cm 7/1 0.165(4lb) 100m / PE 0.6 100m
Revo ALX  THETA2500S 2020年6月登場予定 ¥21,000(予価) 215g 5.2 フラット 5.2 73cm 7/1 0.205(6lb) 100m / PE 0.8 150m
Revo ALX  THETA2500SH 2020年6月登場予定 ¥21,000 215g 6.2 フラット 5.2 87cm 7/1 0.205(6lb) 100m / PE 0.8 150m
Revo ALX  THETA2500MSH 2020年6月登場予定 ¥21,000 218g 6.2 ミッドラウンド 5.2 87cm 7/1 0.235(8lb) 100m / PE 2.0 150m
Revo ALX  THETA3000SH 2020年6月登場予定 ¥22,000 230g 6.2 ミッドラウンド 5.2 96cm 7/1 0.235(8lb) 110m / PE 1.2 150m
Revo ALX  THETA3000MSH 2020年6月登場予定 ¥22,000 238g 6.2 ビッグラウンド 5.2 96cm 7/1 0.33(16lb) 150m / PE 2 220m
Revo ALX  THETA4000SH 2020年6月登場予定 ¥23,000 250g 6.2 ビッグラウンド 7 98cm 7/1 0.33(16lb) 150m / PE 2 220m
Revo ALX  THETA5000SH 2020年6月登場予定 ¥23,500 385g 5.6 ビッグラウンド 10 91cm 7/1 0.405(22lb) 150m / PE3 240m

アブガルシア公式レボALXシータ詳細ページはこちら

 

さて、このレボMGXシータとレボALXシータですが、従来のアブのスピニングから何が変わったのか? が気になるトコロだと思います。

実は、この2つに共通して導入されたある新しいテクノロジーがあるんです。

それは巻き心地を軽くしてくれる「新フリクションフリー構造」と呼ばれているモノ。

というわけで「新フリクションフリー構造」とはどういうものなのか? をご紹介してみます!

 

最大の特長!「新フリクションフリー構造」

「新フリクションフリー構造」というのは少し難しいのですが、ひとことでいうと…

メインシャフトの支持構造改良によりハンドルの巻き上げを軽くした新構造!になっているんです!

 

従来の構造は、ローターを回すためのピニオンギアの内面をこすりながら、メインシャフトが前後に動していたため、この「こする」摩擦が巻き上げを重くしていた面がありました。

その点を改良すべく、スプールを前後に動かすメインシャフトの支持構造を大幅に改良し、メインシャフトを高摺動ブッシュでリール本体に支持。

回転するピニオンギアと前後に動くメインシャフトの間に、すき間を配して、ギア部内側への接触摩擦を無くす(フリクションフリー)ことで、巻き上げを軽くすることに成功したというわけなんです。

なので、とにかく巻き感が軽くなっているというわけなんです。

 

「新フリクションフリー構造」については、詳しく解説してくれている動画が公開されているので、ぜひチェック!

出典:YouTubeチャンネル「PureFishing TV」

 

そんな新しいテクノロジーが導入されたレボの新作スピニングリール! ぜひチェックしてみてくださいね!