ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

もはや反則級の釣果!「魚子メタル」はアジ以外も狙える万能ルアーだった!

最近、注目される堤防でのお手軽、五目釣り。アジングやメバリングをはじめとする堤防の釣りはその手軽さから初心者にでも十分に楽しめるのでオススメ!

今回紹介するのは、ルーディーズから出ている「魚子(ぎょし)メタル」。

最小0.6gから出ているこの魚子メタルは堤防釣りで今まで口を使わなかった魚にアプローチができるルアーなのです。

さっそく、その正体について解説していきましょう。

アジだけじゃない!五目釣りに発揮する薄型マイクロボディ!

出典:ルーディーズ

魚子メタルは写真の通り、その大きさわずか2㎝以下。薄さも極薄、むしろ魚に見つけてもらえないのでは?と心配になるサイズ感です。

しかし、ご心配無用!この極小のボディは水中でもしっかりフラッシングし魚にアピール。アジを筆頭に、メバルやカサゴ、カマス、シーバス、サバ、メッキなど堤防などで釣れるすべての魚がターゲットになります!

カラーも6種類あり、日中で魚がボイルしているときはナチュラル系の「キラキラベイト」「キラキラシラス」「ブルピンラメ」を利用し、夕マヅメには「アカキンラメ」、夜の外灯下では「チャートスポットグロー」など、タイミングで使い分けが可能です。

侮ることなかれ!小さくてもメタルジグ!

出典:ルーディーズ

小ささとアピール力のすごさは伝わったことかと思います。しかし、皆さん、きっとこう思うことでしょう?

「ならジグヘッド+ワームでよくね?」

ええ、お気持ちわかりますとも、筆者もきっと同じことを思いました。そう、実際に投げるまでは…。

お忘れないよう、紹介している魚子メタルメタルジグなのです!!!

その最大のポイントはその飛距離

しかも超小型なので、空気抵抗も少なくジグヘッドとは飛距離に圧倒的に差があり、風が強い時にも流されない強さがあります。

見切られないその秘訣はスローフォールにあった!

ジグヘッド+ワームだと魚に見切られてしまう、そんな経験ありませんか?

そんな時も魚子メタル

左右と裏表で異なるフォルム

魚子メタルは左右非対称のボディで、フォールはゆっくりとひらひら水中を漂うように落ちていきます。このスローなフォールこそが魚のバイトにつなげる絶対的なアクションになるのです!

アクションはいたって簡単!キャストしてからフォールさせ、デッドスローに巻いてくる、このアクションで十分な釣果があげられます。もちろん小さくたってメタルジグ、ボトムについたらしっかり手元に感触が伝わってきます。

状況に合わせてウエイトを変えてチェンジし、レンジを合わせていきましょう!

カラー・ウエイトはともに6種類ずつ、詳しいスペック一覧はルーディーズ公式HPをチェック➤

0.6g 0.8g 1.0g 1.5g 2.0g 3.0g

その釣果、もはやチート級!初心者にもオススメの魚子メタル!

タックルボックスに一つ忍ばせていけば、釣果は約束されたも同然!? ぜひ皆さんもこの機会にルーディーズ「魚子メタル」、使ってみてはいかがでしょうか?