ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【バスやソルトで使いたい】フィッシュアローのフリーリグ専用シンカー「フリリグシンカー タングステン」に注目

最近流行の、”フリーリグ”。

韓国発祥のリグで、シンカーのアイにラインを通してフックを結ぶというシンプルなリグ。

シンカーとルアーが一緒に飛行して、着水するとシンカーとフックが離れてワームがノーシンカー状態になるという仕組みです。

バスはもちろん、最近はロックフィッシュやクロダイなどにも使われていて、バスだけでなくソルトルアーにも進出しているんです!

で、今回はフィッシュアローからリリース中のフリーリグ専用シンカーをご紹介。

 

フリリグシンカー タングステン 【フィッシュアロー】

それがこちらの「フリリグシンカー タングステン」。

強化ステンレスローリングアイの採用により、結び目のダメージを軽減できて障害物回避能力も非常に高いのが特長!

フィッシュアロー公式「フリリグシンカー タングステン」詳細ページはこちら

 

記者自身も、ロックフィッシュやチニングといった根掛りの多い釣りでフリリグシンカー タングステン」を多用していますが、確かに根掛りはとても少ない印象。

また、フリーリグに限らずヘビダンやジカリグなど! コレ1つで幅広い使い方ができるのもメリットなんですよね。

 

フリリグシンカー タングステンの特長

ざっくり利点について解説しましたが、フリリグシンカー タングステン」の特長をまとめてみるとこんな感じ。

 

特長

・接点の少ない極小ローリングアイの搭載

・垂直フォールを可能とするティアドロップ形状

・高比重タングステンが使用されていてコンパクト

・サイズが豊富

・ウエイトが表記されている

・JBトーナメントで使用できる

出典:フィッシュアロー公式「フリリグシンカー タングステン」詳細ページ

 

リフトとフォールでは違ったメリットが存在する

フリリグシンカー タングステン」はリフト時とフォール時で、それぞれ違った働きをさせれるのも特長の1つ!

一体どういうことかというと…。

 

リフトの場合

リフトの場合シンカーがボトムから離れにくいのと、シンカーが細身なことで障害物にスタックしにくいようになっています。

 

フォールの場合

フォールではシンカーが垂直に素早くフォールするため、ワームがノーシンカー状態になり、バイトにつながります。

また、ターゲットがバイトしてもシンカーが誘導式になっているので、違和感を与えづらくなっています。

出典:フィッシュアロー公式「フリリグシンカー タングステン」詳細ページ

 

様々なシチュエーションに対応

サイズは全部で13種類。水深や流れの強さなどによって、細かい使い分けが可能となっています。

出典:フィッシュアロー公式「フリリグシンカー タングステン」詳細ページ

 

品名 ウエイト 入数 本体価格
フリリグシンカー 1/16oz 1.8g 6 ¥450-(税別)
フリリグシンカー 3/32oz 2.6g 5 ¥450-(税別)
フリリグシンカー 1/8oz 3.5g 4 ¥450-(税別)
フリリグシンカー 3/16oz 5g 3 ¥450-(税別)
フリリグシンカー 1/4oz 7g 3 ¥550-(税別)
フリリグシンカー 3/8oz 10g 2 ¥550-(税別)
フリリグシンカー 1/2oz 14g 2 ¥550-(税別)
フリリグシンカー 5/8oz 18g 1 ¥450-(税別)
フリリグシンカー 3/4oz 21g 1 ¥550-(税別)
フリリグシンカー 1oz 28g 1 ¥650-(税別)
フリリグシンカー 1-1/4oz 35g 1 ¥750-(税別)
フリリグシンカー 1-1/2oz 42g 1 ¥850-(税別)
フリリグシンカー 2oz 56g 1 ¥980-(税別)

 

釣りが再開できる頃には、時期的にバスやチニングなどでフリーリグの出番が多くなりそう…。

以上、フリリグシンカー タングステン」のご紹介でした!