ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ビッグニュース】がまかつからホバスト専用フック「ワームフック ソアリンロール」爆誕!

ただいま気になりマクりランキングに入っているのが、がまかつ・ラグゼから登場予定となっている「ワームフック ソアリンロール」

まだ正式なリリース日などは発表されておらず、公式webサイトにも紹介ページはありません。

それでも心揺さぶられてしまうのは、タイトルで出オチ感はありマクりですが、ホバスト専用フックだからです。

ホバスト専用「ワームフック ソアリンロール」

今バスフィッシングで最もホットな話題となっているホバーストローリング=ホバスト。

その専用フックが、実績の高いフックを世に送り出しているがまかつ・ラグゼから登場するっていうのだから見逃せないですね。

パッケージにフックとワームキーパー用熱収縮チューブが入っています。この熱収縮チューブはワームキーパー用となっています。

ホバスト用ワームの代表格、ティムコ・PDLスーパーホバリングフィッシュ 3″にセットした状態。基本となるボディ上部への薄刺しがしっかりできる

ラインナップは#2と#3。ホバストの詳細についてはここでは割愛しますが、基本的に移動距離が短く、ワームが漂いながらそれでいて小さく細かな動きでバスを誘います。

そのためのアクションとして、非常に繊細なティップを用い、動かすというより微振動をルアーに与えるような動き。多少のラインスラックが出ることを考慮し、初期掛かり性能を必要最低限持たせつつ、貫通性能を重視したエントリーアングルとなっています。

ベンドはリマリックベンドで、わずかながら線材量がラウンドベンドと比較し多いことから、ワームが絶妙に左右に倒れ込みやすい設計となっているそうだ。漂いながら動くホバストを意識した作りになっています。

写真上はティムコ・PDLスーパーリビングフィッシュ 3にソリアンロール#2をセットしたもの。写真下はO.S.P・マイラーミノー 2.5”に#3をセットしたもの

また、フォルムは小さくその割に線径を太くしている(#2 はφ0.76mm 、#3はφ0.68mm)。警戒心の高いデカバスを反応させ、掛かってからは安心の強度を求めてのこと。

熱収縮チューブのセット法

付属の熱収縮チューブは以下の手順でセットするとよいそうです!

①ベンドの曲がり始め部分の長さにカット

②チューブをフックポイント側から挿入

③90度のクランク部に当たる所まで差し込む

④ドライヤーやライターで収縮(超遠火で)

※炙り過ぎるとフックの強度が損なわれることがあるので注意!目安は90~100℃

切込みを入れてケンを付き仕様に

写真のように斜めカットを入れて収縮させると、キーパーを増やすこともできます。よりホールド性を高めたい時にはぜひ!

というわけで、「ワームフックソアリンロール」をご紹介しました。このあたりは、ラグゼバス公式Facebookページや、公式インスタグラムにも掲載されています。

気になる登場時期は…

せっかくなので、もうひとつだけ。がまかつの某・伊藤さんに一番気になる「いつ出るの?」という部分のヒントだけ頂戴しました(ありがとうございます)。

え~っと、ザックリ初夏!初夏です。お楽しみに! また色々とお話を聞いてみたので小出しにしていこうかなと思います笑。

LUXXE BASS公式Facebookは→コチラ
LUXXE公式Instagramは→コチラ

がまかつ(がまかつ)

1955年創業。大阪府大阪市に本社を置き、シンガポールに本店を置く。釣り竿、釣り針、ウェアなどをメインに製品を開発・製造・販売を行っており、ルアー部門では「ラグゼ シリーズ」が有名である。