ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ジャッカル「ビンビンワームネクタイ&トレーラー」に4つの新作!タイラバゲームに新たなる武器!

タイラバ特集

タイラバゲームにおいて、釣果の決め手となることが多いのは、やはりパーツ系。

いわゆる、ネクタイやラバー、ワームといったパーツ系ではないでしょうか。

それは、マダイが捕食しているベイトに合わせるためで、出したい波動やボリュームなど、状況をあげだしたらキリがありませんが、タイラバにはそれぐらいいろんなシチュエーションが存在するということなんです。

その、恐ろしいぐらいの数のセッティングの答えを確かめるべく、釣っては検証、釣っては検証している、理論派タイラバアングラー・田中亜衣さん。

田中 亜衣(Ai Tanaka) プロフィール

ジャッカルプロスタッフ。業界初のニューハーフアングラー。 筋金入りのタイラバアングラーで、マダイを追い詰めていくタイラバゲームを愛する。 物腰の柔らかいトークと雰囲気とは裏腹な、完全な理論派アングラー。 どんな状況にも対応する柔軟なスタイルで、常に竿頭を目指す。

そんな亜衣さんが2年かけてテストし、ようやくリリースにこぎ着けた「ビンビンワームトレーラー&ネクタイ」。

いよいよお目見えです!

ビンビンワームネクタイ ツインテール

ワーム素材は、シリコンラバーの平面的な波動とは違い、ボリュームのある立体的な波動を発生させます。

この、カーリータイプとストレートタイプの2つの異なる形状が特徴の「ビンビンワームネクタイ ツインテール」は、2つの波動を発生させることにより、サーチ的な役割も果たしますし、またスレたマダイにも効果的。

迷ったらまずはコレをセレクトして間違いないでしょう!

ビンビンワームネクタイ カールフィネス

名前の通り、フィネスチックなテールですが、シリコンラバーと比較すると、低速でしっかりとアクションするのが特徴。

シチュエーション的には、船団ができるようなハイプレッシャー下や、潮が動かず苦戦するような状況に強いワームネクタイです。

ちなみに、ワームネクタイとは、一般的なシリコン製のネクタイの代わり、というか、使い分けすることで、更なる釣果アップに繋がります。

エラストマー素材のワームは、シリコン製のネクタイでは上手く潮流を捉えられない時や、アタリはあるのにフッキングにいたらない…といった時が投入時。

例えば、時合が到来して、シリコン製ネクタイで釣れていても、少しバイトが弱くなったなと感じたら、ワームにチェンジしてみてください。

亜衣さん曰く、これが時合を長引かせるキモとのことなので、ぜひお試しください!

 

続いて、ワームトレーラー。チョン掛けタイプのワームになります。

ビンビンワームトレーラー 鯛ワームビビ

フックにチョン掛けする、装着簡単なワームトレーラー。

シルエットは小さいながら、特徴的なシックテール(V字テール)が微振動を派生。シラスやその他の稚魚など、小さいベイトを捕食している状況にマッチするワームです。

ビンビンワームトレーラー 鯛コームピン

こちらもボリュームは抑え目ながら、パーツが特徴的なワーム。

長いテールは、ワームを安定させるスタビライザー効果があるそう。

ボトムに潜むカニや貝、虫といったエサを捕食してる場合に有効ですよ!

 

これら4つの「ビンビンワームネクタイ&トレーラー」は、亜衣さんのホームグランドである和歌山・加太はもちろん、明石、高松、岡山、広島、豊後水道、響灘、玄界灘、天草、錦江湾、丹後、島根、御前崎といった、あらゆる海域でテストされたそう。

タイラバゲームで、新たなる武器となることは間違いなし!

発売が楽しみですね。続報を待ちましょう!