ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

蛯原英夫のバスエネミーのテキサスを使った春のデカバス捕獲法【牛久沼オカッパリ編 小貝川攻略編】

こんにちは!エバーグリーンプロスタッフの蛯原英夫(えびはら・ひでお)です。

蛯原英夫 HIDEO  EBIHARA:「カスミの剛腕」の異名を取るアングラー。霞ケ浦、霞ケ浦水系、牛久沼などのフィールドでの釣りをを得意としている。WBSトーナメントでも数えきれないほどの優勝・上位入賞を果たしている。

Facebookページ
https://www.facebook.com/eg.hideoebihara

 

インスタ
https://www.instagram.com/hideo_ebihara/

 

最近、関東のメジャースポットとして知られる牛久沼(うしくぬま)のオカッパリと、小貝川でイイ釣りができたので、レポートさせていただきます!

まずは牛久沼でのオカッパリから!

 

牛久沼でのオカッパリでのデカバス捕獲法
意識してほしいのがザリガニ!

この時期の牛久沼のオカッパリでデカバスを狙う場合、ぜひ意識してほしいのが、ザリガニ!
というのもこの時期の牛久沼のバスは産卵するために体力を付けようとシャローに上がってくるのですが、その時にキョーレツに意識するのが増水に伴い動きはじめるザリガニなんです! そのザリガニををかなり捕食し、プリスポーンという時期的な面を合わさり、かなりイイプロポーションになるんです。

プリのザリ食いバスはアシの中へウエッピングでアプローチ!

でこのプリのザリ食いバスを釣る場合に狙ってほしいのがアシの中。
そうです! アシの中ってザリガニが好む場所なんです。

使うのはバスエネミー4.5inchのペグ止め8.8gテキサス

そんな場所へのアプローチはウエッピングで狙うのが一番。ルアーは私はバスエネミー4.5inchのテキサスリグ(EGバレットシンカー8.8gをペグ止め)を投入します。

エバーグリーン公式バスエネミー詳細
https://www.evergreen-fishing.com/goods_list/Bassenemy_19864001_1.html

 

ちなみにバスエネミーですが、シンプルなスティック系の形状+小さめの生き物的テールを持ち、アシに対してのスリ抜けもよく、落としやすくて根掛かりしづらいのが◎。あと落としていく間も生き物的微波動テールが動いているのでオススメです。

あとロッドに関してはオカッパリから高さのあるアシをウエッピングで狙うという点と、そこで喰ったバスを引きずり出すパワーが必要。なので、私はシナジー・スーパーマグナムという7ft7inchのハイパワーロングロッドを使用。ラインは20Lbクラス以上が必要で、私はバスザイル・マジックハードR20ポンドを使用しています。

シナジー・スーパーマグナム詳細→こちら

日曜日の牛久沼オカッパリで51cm2200gゲット!
うれしかったなぁ

さて、そんな攻めを実践したところ、プレッシャーが高い日曜日の牛久沼オカッパリで、アシの中から51cm 2200gというデカバスをブチ抜くことができました!うれしかったなぁ。

●牛久沼タックル●

■タックルデータ
ロッド:シナジー CSYC-77H スーパーマグナム
ライン:バスザイル マジックハードR 20Lb
ルアー:バスエネミー4.5inch テキサスリグ
シンカー:EGタングステンシンカー8.8g

 

 

1 / 3
次へ