ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【めっちゃ便利】バイトを絡め獲るメタルバイブの簡単フックチューンを公開!

厳寒期に貴重な1尾を獲るための必須アイテムである「メタルバイブレーション」。タダ巻きやリフト&フォールなどリアクションをメインとしたアクションで、三寒四温を繰り返すこの時期にも欠かせないアイテムだ。

override

基本的にボトムを攻略することが多いため、市販されているメタルバイブの多くがダブルフック仕様であることが多い。これは単純に根掛かりを抑制するためで、根の荒いフィールドでリフト&フォールを行う時にはフックの違いが根掛かり回避に大きく影響する

しかしその反面、トレブルフックに比べフック本数の少ないダブルフックは、フッキング後のバラシにつながる可能性があり、メタルバイブの性質上、バスがジャンプした瞬間にテコの原理でフックアウトしてしまうことも十分ありえる。

根掛かり回避性を取るか、バラシ率を軽減するか。難しい選択ではあるが、できればポイントの地質や状況に応じて臨機応変にフックを付け替えるのがよいだろう。

O.S.P 三宅貴浩が実践するフックチューンとは?

ちょうど先日、OSP三宅貴浩氏の取材に出かけていたのだが、その中で三宅さんが実践していたのが、まさにこのフックの付け替えだっだ。根掛かりの頻発するポイントではデフォルとのダブルフックを使用し、砂地など根掛かりの少ない場所ではトレブルフックにチューニングを行っていた。

override-fuck

チューニングに使用していたのが、ヴァンフックオープントレブルフック。このフックは名前の通りダブルフックのように股開きのオープンタイプのフックのため、取り付けの際にスプリットリングを必要とせず、アイに直接通すだけでセットすることができるスグれモノ。シチュエーションに応じてフックを即座に交換することができるので、チャンスの少ない厳寒期にはありがたい。

_MG_6678

オープントレブルフックをセットする際は、このように3本の針先のうち1本が内向きになるようにセットすると、フック同士の絡みを防止したり、フッキング率が向上するので覚えておくとよいだろう。

ちなみに取材では、オーバーライド1/4ozオープントレブルチューニングで見事、厳寒期バスを2尾を仕留め、バラシ率の低さは折り紙つき。この様子は実釣動画でもご覧いただけるので、コチラも合せてチェックしていただきたい。

メタルバイブで掛けたのにバラしてしまった…とニガい思い出のある方は、ゼヒ参考にして、状況変化の激しい三寒四温を攻略してもらいたい。