ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ライトリグに反応が悪い時の特効薬!フットボールジグの巻きと超リアルセミルアーの投入【寄稿by五十嵐誠】

五十嵐 誠(Igarashi Makoto) プロフィール

五十嵐誠 makoto igarashi 1985年生まれ、落花生の名産地・千葉県八街市出身。 野尻湖、河口湖、桧原湖、亀山ダムでプロガイドとして活動中。 ちなみに… 昨年まで、長きにわたってJBトップ50メンバーとして大活躍。 今年は一旦、トップ50参戦を休止中。2019年より自身の新ブランド『FOLLOW』を展開

みなさん、こんにちは!五十嵐誠です!

最近、記事として、あるアイテムしか書いてない気がするのですが、今回もコイツを紹介させてもらいます!

それは…。

 

ライトリグへの反応が悪くなってきている魚に効く「エッグボールジグ+シャッドテール」のコンボ!

あるアイテムというのは『エッグボールジグ+シャッドテール』!

え⁉ また⁉ と言われるかもしれませんが、だって釣れるんだもん!(笑)

 

ここ最近、晴れる日も増えていよいよ夏本番でバスも何となくボケ~っとしている雰囲気でライトリグへの反応が悪くなってきているんです。

そんな中で、活躍してくれているるのがこの『エッグボールジグ+シャッドテール』の組み合わせ!

最近はボリュームのある物でボトムをしっかりとって少し早めに引きたいので。

エッグボールジグ14gとスイングインパクトファット4.8inの組み合わせが大のお気に入りです!

ジャクソン公式「エッグボールジグ」詳細ページはこちら

 

 

『エッグボールジグ+シャッドテール』の巻きで食わせるアプローチ方法!

使い方はとても簡単で投げてボトムまで沈めてゆっくり巻くだけ(笑)すいません、簡単に言い過ぎましたm(__)m

 

冗談はおいといて…今回は夏になってバスがベイトフィッシュに付いているけどライトリグで食わせにくくなったバスをジグの巻きで食わせるアプローチについて少し詳しく説明させて頂きます。

さて、自分が心がけているのは『どの段階のバスがそのリグで反応させやすいか』 ということです。

今回はここ最近のエッグボールジグでのアプローチを例にとって説明します。

大切なのはバスとベイトの位置関係なんです。

ベイトとの位置関係を表した図

特に最近釣りやすいと思っているのはベイトの群れの外側に浮いているバス。

このバスに対してベイトとバスの間にエッグボールジグをフォールさせてボトムまで追わせて、群から離してやるというアプローチが激ハマりでベイトをガッツり食べているコンディションの良い魚がよく釣れていました!

きっとベイトフィッシュについているバスならスモールマウスバスもラージマウスバスも関係なく反応させられる考え方、攻め方だと思っていますおnで、これから全国的に夏本番を迎えるフィールドで、みなんさんもぜひ試してみてください。

 

あと、蝉も盛んに鳴き始めたここ最近の野尻湖でこれから期待したいのは生蝉(ナマゼミ)! 超リアルなセミルアーです!

ジャクソン公式「生蝉」詳細ページはこちら

フィールドに行くときはスピードのエッグボールジグと見せて食わせる生蝉(ナマゼミ)があると、かなり幅広い状況に対応できるので、お忘れなく!!

1 / 2
次へ