ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

諸富真二のめっちゃ若獅子!! 第4回「儚く散ったBAIT第2戦!!の巻」

連載:諸富真二のめっちゃ若獅子!!

みなさんこんにちは!琵琶湖の若獅子です!

諸富真二(Morotomi Shinji) プロフィール

1990年3月生まれ、滋賀在住。シャロー&カバーゲームを得意とし、独自の観点から生まれたアプローチを駆使してデカバスと渡り合う、「琵琶湖の若獅子」。新進気鋭のフルタイムプロガイド。

儚く散ったBAIT第2戦!!

5月に入ってずっと琵琶湖でガイド漬けな毎日を送っている若獅子です。

今現在の琵琶湖・南湖の状況を簡単に言うと【THE・ポストスポーン】ど真ん中!!
といった雰囲気ムンムン。

回復系の魚もいるとは思うけどまだまだ少ない御様子。

ガイドでは日々その魚を追いかけ状況に応じて
『時にフィネス』
『時にパワーフィッシング』で釣って頂いてます。

【BAIT】に出場!

そんな状況の中5月11日、12日に行われた琵琶湖プロトーナメント【BAIT】に出場してきました。

(※といっても自分はBAITの会長してるんで、運営兼選手です。笑

まぁ、野球で言うたらヤクルト時代の古田みたいなもんで『代打…オレ❗️』的な❓❓w)

今回のBAITでの狙い!!それは浚渫エリアでのポストスポーナー。

ぶっちゃけ…卵を落とした後の個体なのでウエイトダウンする可能性は高し!!

ですが、、、トーナメント日は両日共に晴れで暖かくなる予報だったんで産卵後の個体がかなり反応し易い状態に入るのでは⁈という読み。

前日のプラでは…

前日が休みだったんで少しプラに出ると…

プリスポーン個体や半プリ系のメスが反応してくれたり、バックアップの西岸エリアも反応良し‼︎

悪くない感触で当日を迎えます。

そしていよいよBAIT開幕!

初日はポストスポーン個体をエサケープのパンチショット10g&フリーリグをローテーションしてリミットメイクして5本・7280gで11位スタート!!

ただ…プラよりサイズダウンなのと水もクリアアップ‼︎

更には想像以上にボートも多く不安を2日間持つか不安になり、迎えた最終日。

最終日も狙いは変えず更にエリアを広げ釣って行くもオスらしいバイトは多発するも…
乗せられない奴ばかり。

折角来た奴もミスしたりと2本・1780gと一気にウエイトダウン。

ですが、周りもかなりキツかったみたいで最終結果は…23人中10位フィニッシュ。

ただ、持ち駒が途中で無くなりかなりツラい展開になってしまいました。

上位は北湖でのサイトパターン!

結果的には北湖での【サイトフィッシング】をパターンに入れた選手が上位独占!!

今の南湖の状態と競技時間等を考えれば強力なパターンなんだな!と改めて勉強に!

こんな感じで今回!

結果は良い方向には行かなかったですけど個人的には自分の釣りのレベルを上げる為にトーナメントには出続けたいな…と。

皆さんも普段の釣りも良いですがたまには腕試しにトーナメントに参加してみては?

それでは!!