ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

LureNews.TV YouTube Channel

エギングが変わってしまうほどの衝撃!ウワサのエギング新釣法「GTR」専用ロッドの最高峰モデル「アーカードイクシードAE-782GTR-SP」を紹介

  • X
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク
新製品総力特集2024

ウワサのエギング新釣法、陸っぱりでのティップラン「Grand Tip Run(グラウンドティップラン)」、「通称:GTR」。

堤防で独り勝ちするテクと呼ばれていたりして、2023年のエギングシーンではかなりバズったのですが、そんなGTR(釣法)専用ロッドの最高峰モデルが、2024年、SLASHから登場します。

それが「アーカードイクシードAE-782GTR-SP」です。

その詳細を紹介していきます。

アーカードイクシードAE-782GTR-SP
陸っぱりティップラン センシティブ STYLE

実はSLASHからは、GTRに特化したモデルがリリースされていました。それが、エントリーモデルの「アーカードフレックAF-802GTR」、ミドルクラスからの「アーカードリアルX  ARX-802GTR」、そして、GTRロッドの最高峰「アーカードイクシードAE-782GTR」の3モデルです。

ちなみにこの3モデルは、どれもソリッドティップが採用され、目感度という点においてはかなり優秀なGTRロッドです。

そんな中、今回登場する「アーカードイクシードAE-782GTR-SP」ですが、最大の特徴は、金属ティップ「チタンティップ」が採用されたこと。

これにより、「目感度」を損なわず、前アタリを穂先(ロッドティップ)でとる「手感度」の圧倒的な向上を実現しました。

これにより、従来のGTRのアクション(エギをテンションフォール中のアタリ)を穂先の変化で感じつつ、イカの微かな挙動を手元で感じ掛けアワセることのできる、今までのGTR用ロッドとは一線を画したロッドになりました。

ちなみに金属ティップは、金属がゆえにその重さでどうしても先重りしたり、ダルさを残ったりしてしまいます。

そこで、「アーカードイクシードAE-782GTR-SP」は、レングスは前作と同様に7.8ftの操作性に優れた設計を踏襲し、ガイドにはオールチタントルザイトを採用することで、ロッド自重88gという軽量化を実現。

リールを載せたときのトータルバランスにより、持ちオモリ感も解消しています。

 

model Length(cm) Weight(g) Egi Wt(号) Line Wt(PE) Price(税抜)
AE-782GTR-SP 234 88 2.0~3.5 0.4~0.8 ¥45,000

また「アーカードイクシードAE-782GTR-SP」ですが、キャスト時における注意点としてペンデュラムキャスト(垂らしを長く取り、振り子の原理で軽く飛ばす)が推奨されています。

こうすることでロッド全体の復元力を使えるようになり、穂先への負担を減らすことができまし、結果、軽い力で飛距離を稼げるようにもなります。

ということで、とてつもない進化を遂げたGTR用ロッド「アーカードイクシードAE-782GTR-SP」。
実際に使っている動画も公開されていますので、気になる方は、ぜひ、チェックしてみてください。