ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【二刀流でさらなる釣果アップ】状況に合わせたロッドセレクト術は必見!「秋のティップランエギング実釣レポート」

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

皆さんこんにちは!ヤマガブランクス広報部です。

今回は秋田県在住のフィールドスタッフ天野氏から秋田県男鹿半島でのティップランエギングの模様をレポートして頂きました。

使用機種はヤマガブランクスボートエギングシリーズからバトルウィップTR73/S63/Nになります。バトルウィップTRシリーズは各機種それぞれに強い個性を持っており、今回はその特性を活かして良い釣果を得られているようです!ぜひロッドの選びの参考にご覧ください。

「秋田県男鹿半島ティップランエギング」【寄稿:天野広之】

皆さんこんにちは、ヤマガブランクスフィールドスタッフの天野です。

今シーズンは各地で秋アオリが好調のようですが、東北の日本海側に位置する秋田県男鹿半島でも釣果に恵まれております。今回は、その中でもシーズン後半に釣果が安定している北浦・入道崎エリアにおけるティップランエギングのレポートをお届けしたいと思います。

船が流れない場合はTR 73/Sがオススメ

今回もいつもお世話になっている斉藤釣具店さんの釣船に乗船し、北浦漁港から北浦・入道崎エリアへ向かいます。漁港を出て10〜15分も走ればそこはもう釣り場ですので、アクセスの良さも魅力の一つ。この日も最初のポイントには多くの船が集まっていて、この釣りの人気の高さがうかがえます。

朝は風が弱かったので船があまり流れず、厳しい展開となりました。

私は、バトルウィップTR 73/Sにスクイッド・シーカーミクロス3号(23g)のエギをセットし、アンダーハンドでキャストして広範囲を探ります。73Sは長さとしなやかさがあるのでアンダーでのキャストもしやすく、このような使い方にはもってこいです。

エギが着底したらジャークしてゆっくりロッドをさびいて追わせ、船の真下までエギがきたらステイさせて抱かせるイメージ。実際に船の真下までくるとアタリが出ることが多く、やはりエギの移動距離が少なくなってくるとイカが抱きやすいのかもしれません。

TR63/Nのレスポンスの良さと抜群の感度で連発へ

その後、風が出てくると船が流され出したので、次第にイカからの反応も多くなってきました。日も高くなって来た頃合いで移動し、今度は25〜30mラインを流します。

先ほどよりも深い水深と船の流され具合を考えると重めのエギで手返しよく探った方が良さそうでしたので、ロッドをバトルウィップTR 63/Nに持ち替え、スクイッドシーカー3.5号にヘッドシンカー40gを装着。すばやく着底させ、ジャーク・ステイを2セットで回収、これを繰り返し、船が流れていくゾーンを切れ目なく探っていきます。

63Nは高負荷でもしっかりエギをジャークでき、ティップを静止させる時にピタッとブレなく止まってくれますから、このような手返しが要求される場面において、とても扱いやすいロッドです。

そして、このやり方がハマったようでアタリが連発。63Nの繊細なティップセクションで視覚的にアタリを捉えると共に、シャープで張りのあるベリーとバットが手にもアタリを伝えてくれるので、目感度と手感度の両方から情報を得て、アタリに対して確実に反応することができました。同船者の方も63Nを使用されて良型をキャッチ、船中は盛り上がりを見せます。

この後も中だるみする時間帯もありましたが、終始風が止むことはなく船が流れてくれていましたので、時合になればバタバタと釣れることもあり…終わってみれば、25杯という釣果となりました。

その日状況に対応できるタックルセッティングを

今回の釣行でもそうですが、ティップランエギングは刻々と変わる状況に対応していかなければなりません。船の流れ方や水深等を考慮し、どのように釣るのか。また、それに合わせたタックルセッティング等、シンプルな釣りだからこそ、それらが釣果に直結します。

私が常に意識しているのは、フォール・ジャーク・ステイ・回収、このエギの動きを線で繋ぐイメージで釣りをすることです。そうすることで、船が流れていくゾーンをロス無く探ることができるので、釣れる可能性も高まります。

その上で、エギのウエイトや流れの抵抗を加味してロッドを使い分ければ、ストレス無く釣りができ、集中力が削がれません。これからシーズン終盤にかけては、水温も下がり、状況的には厳しくなってきますので、少ないチャンスを確実にものにできるタックルセッティングが重要です。男鹿半島のシーズンも残りわずかですが、さらなるスキルアップを目指して、ティップランエギングを楽しみたいと思います。

皆様も是非、BattleWhip TRを手にティップランシーズンを楽しんでください!

当日のタックル

タックル①

ロッド:BattleWhip TR73/S (YAMAGA Blanks)
リール:LUVIAS LT2500
ライン:PE 0.4号(YGK ボーンラッシュ鯛ラバカスタムPE 0.4号)
リーダー:フロロ2号(東レ スーパーLハード2号)

タックル②

ロッド:BattleWhip TR63/N (YAMAGA Blanks)
リール:CERTATE LT2500
ライン:PE 0.4号(YGK ボーンラッシュ鯛ラバカスタムPE 0.4号)
リーダー:フロロ2号(東レ スーパーLハード2号)

エギ:スクイッドシーカー、スクイッドシーカー ミクロス
ヘッドシンカー:ブリットシンカー 15g~50g

使用タックル一覧

BattleWhip TR 73/S

ルアーウェイト:20g~40g / 適合ライン:PE0.4~0.8 / ロッド全長:2225 mm / 重量:83g

BattleWhip TR 63/N

ルアーウェイト:30g~60g / 適合ライン:PE0.4~0.8 / ロッド全長:1920 mm / 重量:75g

※レポートのフルバージョンには、ティップラン中に真鯛を狙った小話も載せていますので、ぜひヤマガブランクスHPよりご覧ください。

ヤマガブランクス(YAMAGA Blanks)

釣竿製造の株式会社山鹿釣具のオリジナルブランドとして2008年に誕生したロッドメーカー「ヤマガブランクス」。より良い製品づくりを目指し、工場内で設計者と職人がコミュニケーションを取れるように、また多くのプロトロッドのテスト・改良をスピーディーに繰り返すために、ブランクの設計・巻きつけ・塗装・組み立て・出荷まで全てを国内自社工場で一貫生産し、その高品質なロッドに定評がある。