ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【タダ巻きでOK】ミッチー高橋こと高橋慶朗さんの使いこなし術にも必見!ダイワ「サムライジグR スピン」がショアジギ入門にオススメな理由

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク
ジギング特集

手軽、簡単、誰にでも青物などの大型魚種が狙える。

人気ルアージャンル「ショアジギング」。これから青物の回遊も本格的に。始めようとお考えの方は今がチャンスかも! ぜひトライしてみてくださいね。さて、そんな手軽なショアジギングにも覚えなければならないことがあり、その1つが「ジグ操作」。ロッドを「煽って巻いて」を繰り返し、ターゲットを誘うという動作。コレが慣れるまでが大変で、慣れてきても1日やり続けるとなるとハード。そんな時、初心者の方にも扱いやすくて、何せ釣れる…、こちらをぜひBOXに忍ばせてみては?

サムライジグR スピン【ダイワ】

一口サイズ、低重心ボディによる安定姿勢とブレードのフラッシングが魅力。

高速巻きでもブレずに真っすぐ突き進み、「タダ巻き」でショアジギングの様々なターゲットを魅了する、「サムライジグR スピン」。紹介する理由は何せ使い方が簡単で釣れるから。1つ持っていると様々なシチュエーションで活躍してくれますよ。

自重
(g)
色数 メーカー希望
本体価格(円)
20 8 750
30 8 800
40 8 850

ダイワ公式「サムライジグR スピン」詳細ページはこちら

早巻きはモチロン、ショアスロージギングにも対応

コチラのジグの凄いトコロは、高速巻きにもシッカリ対応しながら、フロントアシストの搭載によってショアスロージギングにも対応可能。つまり、ターゲットの活性に応じて「速」と「遅」の動きを上手く使い分けることができるという正に万能。いずれの動きに対しても、ジグ本体の低重心設計に加えて、リアのブレードがシッカリ仕事をしてくれます。キャスト時もブレードが小型で、空気抵抗を受けず飛距離向上にも貢献。

大型青物に対応! 標準装備のフックも超強靭

また、標準装備のフックはリアもフロントも良く刺さり強靭。

フロントにはティンセル仕様の「サクサスアシストフック」を使用。青物攻略において、フォールのアタリも確実に捕らえるための重要な役割を果たします。リアに搭載されているトレブルフックも大物の強い引きに耐え抜く「太軸シングルフック」仕様。シッカリ深く刺さり、バレを軽減します。

SaqSas(サクサス)とは

上記で解説した「SaqSas(サクサス)」に関して、初めての方も多いと思いますので、こちらも解説します。

一言で言えば貫通力をアップするためのダイワ独自表面処理技術。フックの表面にフッ素系特殊プレーティング加工を施すことで、ダイワ製の従来塗装ハリと比較して最大40%(平均約20%)アップ。これまで乗せきれなかったショートバイトもシッカリ乗せる「サクッと刺さる」感覚を味わうことができる技術になっています。

次ページではダイワフィールドテスター「ミッチー高橋」さんによる使い方を紹介!
1 / 3
次へ