ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【役立つ&簡単】大切なリールを長持ちさせるために!最低限やっておきたいリールメンテ・オイル編

連載:加来 匠レオン「ライトゲームマニア」
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

先に書いておくと、僕はリールのメンテナンスなどに関しては、そこそこズボラなアングラーです。とはいえ、さすがに日頃の釣行後にはシッカリ水洗いなどはしていますが、調子が悪くなった際に全分解してまでのメンテまではやる気は無く、1〜2年に1度メーカーに送ってオーバーホールして貰うのが基本のスタイルです。

さりとて、リールは駆動部分や回転部分が沢山ある精密機械ですので、オイルメンテナンスだけはちゃんとしておかないと、釣りにストレスが生じます。

 

特にベイトリールはそれが大事です。スピニングリールは多少サボっても回転が少し重くなったり、極々軽い異音がしたりと言う程度で釣り自体にさほど支障をきたす物では無いのですが、ベイトリールの場合は特に、しかも1〜3gと極軽リグをキャストするフィネスゲームではちょっと回転性能が落ちただけで飛距離が格段に落ちたりすぐにバックラッシュしたりして、釣りにならなくなります。

という事で、今回は僕同様に「ものぐさな方やベイトリール初心者の方」向けに、簡易で効果的なレオン流オイルメンテをご紹介しておきます。

といっても特殊なことをするのでは無く、拘ったのはオイルの銘柄と使う容器のみ。腕が無い時は道具に頼ります(笑)。

レオン 加来 匠(Kaku Takumi) プロフィール

加来匠(かく たくみ) 中国&四国エリアをホームグラウンドとし、メバルやアジ、根魚全般の釣りを得意とする生粋のソルトライトリガー。レオンというのはネットでのハンドルネームとして使い始めたが、いつの間にか、ニックネームとして定着。ワインドダートやSWベイトフィネスなどを世に広めた張本人、新たなスタイルを常に模索中! 「大人の遊びを追求するフィッシングギアを提供する」ことを目的としたプライベートプロダクション「インクスレーベル」代表もつとめる。

 

レオン流オイルメンテ方法

僕が気に入って使っているのは、新進気鋭のオイルメーカー「グリッチオイルジャパン」の「GLITCH OIL」です。

GLITCH OIL JAPAN公式「GLITCH OIL」詳細ページはこちら

 

何が気に入ったかというと、ラインナップが豊富で、好みの粘度のものがチョイスできるところと、ラインナップごとにオイルに色が付いているのです。コレは助かる。どこに何を使うのか、視覚感覚的に分かりやすい。

 

僕がやる日頃のベイトリールオイルメンテはいたって簡単。リールを外側からザッと水洗いしてタオルで拭き上げ、スプールを外してレベルの分解で、必要数カ所へ注油するだけ。

もっと頑張る時(今回はやっていませんが)でも、ハンドルノブの回転が悪くなった時に分解して各パーツなどを綺麗に掃除し、ベアリングをZIPPOオイルなどで洗い、乾かしてからベアリングとシャフトへ注油する程度なのです。

 

容器を精密機械向けの細いノズル仕様に

さて、ここからが本題中の本題です。注油の際の注意事項ですが、グリッチオイルは釣り具専用というわけでは無いので、ボトルの注油口ノズルが太すぎて場合によっては使いにくいことも。

スプールシャフトやベアリングに注油する際には垂らす量や見合った粘度が大事で、ヘタに沢山注油すると、使っている内にオイルが外側へ漏れ出てドラグなど元来オイルが着いてはいけない部位に浸透して機能を損ねたりします。

オイルを注す場所はいずれも小さな部品です。特にベアリングなどは細いノズルの先の「一滴玉」で充分なのです。

 

知識が乏しかった若い頃の僕は、エンジニアに言わせるとどうやら盛大な量を注油していたようですな(笑)。

ということで、精密機械用の細いノズルをネットで物色していたところ、まあドンズバなオイルボトルをAmazonで見つけちゃいました。

「電子たばこのオイルボトル シャープな口のオイルボトル」で検索
これ、ノズルは細く精密で10個入りで258円とリーズナブル。

電子タバコ用のオイルボトルがグッド

 

そして何よりカラーが5色なところがグリッチオイルを移し替えるのにバッチリでオススメです。グリッチオイルには沢山種類があり、それぞれ特徴があるので、僕はオイルが柔らかくなる高気温の夏場とオイルが硬くなる低気温の冬場で使い分けをしています。

精密機械用ノズルボトルに移し替え

 

また本来グリスを塗ってあるレベルワインダーのギア部などは時折グリスがラインや手に着くのが嫌で、最も粘度が高いグリッチオイルを適量注すようにしています。

 

ラインナップ紹介

では、最後に「GLITCH OIL」それぞれのラインナップも紹介していこうと思います。ぜひ、ご自身のリールに合った物を探してみては?

 

HIGH SPEC RUNBIKE OIL(超低粘度)

ラインナップ中最も低粘度。 Oilが硬くなりがちな冬場のメンテや、ラインローラーやリールノブがとにかくピュンピュン回らないと気が済まないヘンタイさん向き。また、最も粘度の高いEVO-500と合わせ、自分の望む粘度比率を出したい時の希釈油としても最適。

スプールベアリングには超低粘度HIGHSPEC RUNBIKEを使用

レベルワインダーギアにはグリスの代わりに高粘度EBO500を使用

 

TEFROSSA 有機テフロン添加タイプ (超低粘度)

車などのエンジンオイルに添加するフッ素パウダーの金属面平滑剤・保護剤があるが、これはOilと非常に親和性の高い有機タイプのテフロンを使用。 オールドリールや使い込んだベアリングなどが見事に蘇る逸品。

 

PASSIVE 防錆剤入り(中粘度)

RUNBIKEとTEFROSSAを1対1でブレンドしたものに、防錆剤を添加。各部のギアやベアリング使用頻度が激しく、オフショアやサーフゲームなどリールに潮を被りやすい釣りに最適。

 

この投稿をInstagramで見る

 

LureNews(@lurenews)がシェアした投稿

(塩水が付きやすいハンドルノブには防錆剤入り中粘度のPASSIVEを使用)

 

TUMBLE WEED(中粘度)

いつでもどこでも何にでも。 RUNBIKEとTEFROSSAを1体1でブレンド。シンプルで使い手や場所を選ばぬ最も使いやすい1本。

 

ROSA 防錆剤入り(高粘度)

Oilが緩みやすい夏場向きの高粘度。 ビッグベイトや新海ジギングなどギアやベアリングに負担が掛かるヘビーリグフィッシング向き。

スプール軸や軸受けの方には高粘度のROSAを使用

 

EVO-500(超高粘度)

ラインナップ中最も高粘度で金属面保護率及び定着率が高く、RUNBIKEで希釈するベースともなるOil。 ギア剥き出しのベイトリールレベルワインダー部の注油に最適。 またメンテナンス頻度が高く、各所のグリス使用が嫌なコアアングラーはこれで代用する。

出典:GLITCH OIL JAPAN公式「GLITCH OIL」詳細ページ

という事で、ものぐさな僕でも季節に合わせてこれくらいのこだわりを持ってお手入れをしていますので、ご参考頂ければ幸いです。