ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【アワセなくても勝手にかかる?】シマノの新形状アジング専用ジグヘッド「ソアレ カケガミ」登場

安定した人気を誇るルアージャンルの1つ”アジング”。

あのコツッと感じるバイトと、掛けてからのスリルなファイトが止みつきに。

そこで、今回紹介するのはシマノからリリース予定の特殊な形状をしたアジング専用ジグヘッド。

 

ソアレ カケガミ【シマノ】

2020年9月登場予定

そのジグヘッドがこちら、「ソアレ カケガミ」。一般的なジグヘッドとは少し違う特徴的な形をしたジグヘッドですよね!

シマノ公式「ソアレ カケガミ」詳細ページはこちら

 

アジングの大きい悩みはアタリが小さくアワセが難しい点と、アジの口が柔らかくバラシが多い点! このジレンマを解消するのに開発されたジグヘッドが「ソアレ カケガミ」!

一体どんな特長を秘めているのか? 早速注目していきましょう!

 

アワセなくても勝手に掛かる?バラシを軽減するアジング専用ジグヘッド

アジの口に収まりやすいアシストフック

ヘッド部分が独立したデザインで、その下部にアシストフックが装着できるようになっている「ソアレ カケガミ」。

通常のジグヘッドのようにヘッドとフックが固定状態ではなく、ハリスの付いた自由度の高いアシストフックが採用されています。

ですので、弱いアジの吸い込みでもヘッドの重みを感じさせることなく、しっかり口の奥に入ってくれるのでバレにくいフッキングが決まります。

フックサイズも、丁度アジの口に収まりやすい7番と6番が標準装備されていますよ。

 

ワームがズレにくい専用ワームキーパー

折角アジがバイトしてきたとしても、ワームがズレてしまうとその後のアタリはなくなってしまいます。

ソアレ カケガミ」には、何度バイトがあったとしてもワームのズレを最小限抑えるオリジナルワームキーパーが施されてるので、バイトを逃したとしてもセカンドバイトを誘うこともできます。

 

大きめに設計されたラインアイ

夜間に行うことが多いアジングにおいて、暗い所でも作業がしやすいようにラインアイが大きめに設計されています。ラインやスナップを楽に通すことが可能。

 

ウエイトは6サイズがラインナップ!

ウエイトも0.6gから1.8gまでと豊富にそろっていますので、水深や流れの強弱によって小まめにローテーションさせることが可能。ジグ単はもちろん、フロートリグなどにも対応できるサイズラインナップも嬉しいポイント。

サイズ 本体価格(円)
0.6g 600
0.8g 600
1.0g 600
1.3g 600
1.6g 600
1.8g 600

 

別売りでデイゲームに特化した金針仕様フックもラインナップ

また、別売りでデイゲームに特化した金針仕様の「ソアレ カケガミ デイチューニングフック」も同時期にリリース予定なので試してみたいですね!

フックサイズ :大#7 小#6

本体価格:¥500

 

是非、登場したら「ソアレ カケガミ」を試しにアジングへ行ってみてはいかがでしょうか?

シマノ(Shimano)

1921年創業。1970年に「レジャーを通して人々の健康に寄与する 」という企業哲学のもと、釣具事業部が発足。リール、ロッド、ルアー、用品などクオリティの高いアイテムの開発、製造、販売までを行い、釣具の総合ブランドとして、国内外問わず多くのファンを抱えている。独自の技術も数多く、世界に誇るジャパンクオリティを提供し続けている。