ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ジグスピナーSS】オカッパリアングラーに人気!ダイワのガード付きジグスピナーを紹介

ルアーのジャンルでいうと、どちらかというとマイナーな存在といえるのが、ジグスピナー。

ただ、ジグスピナーは、オカッパリアングラーを中心でコアなファンが多いのも事実。

実際、ジグスピナーって、けっこう利点が多いルアーなんですよね!

まず、何といってもライトなカバーをスピーディに攻め込めることができる!

また食わせとリアクションの両方の効果が望めること。また装着するトレーラーワームを色々使えたりするのもイイですよね!

 

さて、今回は数あるジグスピナーの中で、使いやすさにこだわったダイワのジグスピナーをご紹介!

ジグスピナー SS【ダイワ】
JIG SPINNER SS

このジグスピナー SSは投げて巻くだけコンセプトで開発されたジグスピナーで、ライトカバーの回避性能とフッキング性能の両立にこだわったアイテム。

サイズ(g) 色数 メーカー希望
本体価格(円)
3.5 3 500
5 3 500
7 3 500
10 3 500

お財布にやさしい、価格設定になっているのもウレシイ!

 

具体的に特長を挙げてみると…

ブラシガード付き

一般的なジグスピナーは、ガードがないものが比較的多いけど、このジグスピナーSSは4本のブラシガードを搭載、またクランクアームが採用されていて、根掛かりしづらい特長を持っています。

 

幅広なブレードで感度がイイ

幅広なブレードが標準装備されいるので、しっかりとしたバイブレーションが発生し、その振動が手元に伝わるので、初心者でも巻きやすくて、水中でのルアーの存在を把握しやすくなっています。

水平姿勢でのスイミングアクション

ラインアイがヘッド上部に配置れていて水平姿勢で泳がしやすいのも特長となっています。

 

あとフックはサクサス
フックはダイワのテクノロジー! 貫通力がアップするフッ素系加工「サクサス加工」されたものを採用

 

どんな感じで使えばいいのか? については、あの佐々木勝也さんの実釣動画も配信されているので、ぜひチェック! ヒットシーンも複数あり!

 

佐々木勝也が挑む! 五三川オカッパリゲーム!|Ultimate BASS by DAIWA Vol.137

出典:YouTubeチャンネル「Ultimate BASS by DAIWA」

佐々木 勝也(katsuya Sasaki) プロフィール

岩手県出身で 2018年4月よりの東北・仙台から霞ヶ浦に移住。 霞ヶ浦、霞ヶ浦水系を中心に日本全国の様々なフィールドを激チェック中! オカッパリスタイルでのバス釣り三昧の日々を送っている。

 

トレーラーはお好みで

トレーラーについては、基本的にはテールが小さめのシャッドテールワームやストレート系を使うのが一般的だけど、カーリーテールやパドルテールワームほか、はっきり言って、状況に応じてお好みのモノを使えばOK。

 

 

カラーは3色あり

ゴールドアユ

 

シルバーワカサギ

 

 

ガンメタシャッド