ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

LureNews.TV YouTube Channel

待望のシリーズ最強パワーが追加! 天龍「Spike(スパイク)」

  • X
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク
新製品総力特集2024

そうそうチャンスは多くない、こんな魚たちのキャッチ率をより上げるために。テンリュウのSpike(スパイク)追加機種であるSK822S-Hが2024年春に登場予定となっているのだ。

Spike SK822S-H

テンリュウのオフショアキャスティングロッドとして人気の高いスパイクに新機種SK822S-H。

恐らく、スパイクファンなら強烈なほどに待望だったのではないだろうか? SK822S-Hは、具体的にいえばマグロなどでいえば40kgほどを、ヒラマサでいえば20kgまでを想定したモデルなのである。

これまでのスパイクのラインナップに加わった新機種は簡単にいえば最も強い。飛距離、圧倒的な粘り強さが高い評価を得ているスパイクだが、既存のモデルはあくまで〝ライトツナ〟といえるモデルまでのラインナップだった。当然ユーザーからすればスパイクの実釣性能をもってすれば、さらに大型用も…という気持ちにもうなづける。

既存モデルから、さらに大型サイズ、強烈な走りを見せるヒラマサなどを担うのがSK822S-Hだ。

品名 タイプ 全長
( m [ft])
継数
(本)
調子 仕舞寸法
(cm)
ルアーウェイト
(g)
ライン
(PE/号)
最大ドラグ
(kg)
リアグリップ
(mm)
先径
(mm)
自重
(g)
使用繊維 カーボン/グラス
(%)
本体価格
NEW SK822S-H S 2.49[8’2″] 2* RF 178 MAX150 MAX8 15/45° 495 2.6 362 95/5 ¥59,500

飛距離、ファイトでのアドバンテージ

具体的には青物全般からマグロ等のゲームに対応し、オーバヘッドキャストによる遠投を得意としたモデル。調子をレギュラーファストに設定し、50~60gを下限に120g前後のプラグ類が扱いやすいパワー設定としている。

他のモデルと比較し、張りをやや強く設定。そもそも飛距離が必要なケースが多い大型魚のキャスティングゲームにおいて、前述したウエイトでも気持ちよく振り抜け、飛ばせる。

その上で、バット部には頼れるC・N・T(カーボンナノチューブ)素材をコンポジット。シャープな振り抜き感とファイト時の安心感は、テンリュウならではの仕上がりとなっているそうだ。

ガイドはステンレスフレーム・SiCリング。KガイドとMNガイドを適切に配した

リールシート部には、西陣織仕様のカーボンパイプを採用

今春、頼れるオフショアキャスティングロッドをお探しなら、ぜひ選択肢に入れておいてほしい新機種。

盛況のうちに閉幕した釣りフェスティバルでも多くの方が手に取っていたが、直接スタッフさんに聞いてきたお話なども近日ご紹介したい。

続いてはフィッシングショーOSAKA2024。こちらでもぜひぜひ手に取って、ブチ曲げてみてほしい。

テンリュウ公式「スパイク」詳細ページはこちら

天龍(TENRYU)

1961年、六角竹竿加工業として下伊那郡鼎町下茶屋に塩澤製作所設立。1990年、株式会社 天龍に社名変更及び改組。創業当時、六角竹竿で一世を風靡し、1970年には日本初となるバスロッドを自社ブランドで発売。以降、カーボン素材を主軸に幅広い時代のニーズを先読みしたアイテムを輩出している。ソルトウォーターでは超軽量&高感度のSWライトゲームロッド「ルナキア」、ライトジギングでは「ホライゾン」が有名なほか、バス、トラウト、エリアフィッシング、さらにはテンカラなど、非常に幅広いジャンルでこだわりの強いロッドを生み出している。