ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

LureNews.TV YouTube Channel

ヘビーシンキングミノーのDシリーズに、来シーズンに活躍間違いなしの新色4色が追加ラインナップ!

  • X
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク
新製品総力特集2024

ヘビーシンキングミノーの新たな力

トラウト用ヘビーシンキングミノーの代表格、D-コンタクト。D-コンタクトの普及に伴いヘビーシンキングミノーは渓流トラウトの世界では完全に定着したが、それと共に様々な要望が生まれることとなる。より高いヒラ打ち効果を生むD-インサイト、動きのキレの向上と共に小型化を図ったD-コンパクトなどラインナップが拡大していった。

それはカラーラインナップにおいても同様だ。あらゆる要望に応えていった結果、D-コンタクトのカラーラインナップは現行カラーだけで実に35色にも上る。

しかしそれだけのカラーラインナップを以てしてもまだ全てのアングラーの要望に応えられているというわけではない。

2024年、Dシリーズに新たなカラー

そして2024年もDシリーズに4色の新色が加わることになった。今回は特に、視認性を求める要望に応えたカラーが多く採用されている。

グリーンヤマメ

背中面とパーマークをライトグリーンで表現したカラー。グリーンは総じてナチュラルカラーの部類であり不必要に渓魚を刺激することがない。しかし、暗色系のグリーンと異なりライトグリーンは思いの外目視しやすいカラーでもある。出来る限り水馴染みの良いカラーを使いたいがルアーがどこを泳いでいるのか把握できる程度の視認性は欲しい。そんな思いに応えられるカラーとなっている。なお、ベリー部のオレンジも刺激の少ない淡い(薄い)色調となっている点にも注目して欲しい。

Dコンタクト

Dインサイト

Dコンパクト

CGインジケーター

テーマは「淡いゴールド」。シャンパンゴールドを基調としたカラー。従来のカラーラインナップのゴールドは比較的”濃い”ゴールドであるが故、薄いゴールドが欲しいというアングラーの声に応える結果のラインナップ。それに合わせて腹部のオレンジも薄く吹くに留めている。背面は蛍光イエロー~蛍光オレンジ~蛍光イエローのグラデーションでインジケーター効果を持たせている。

Dコンタクト

Dインサイト

Dコンパクト

クロギンチャートヤマメ

通常ヤマメカラーの背中の色となるとオリーブグリーン系のカラーが多いものだが、あえてブラックを基調とした背中面とパーマークを施している。これは岩や黒っぽいボトムに同化しやすいカラーで、渓魚から見ても極めてナチュラルな存在と言えよう。

その一方でアングラー側からは背中面頭部に吹かれた蛍光イエローによって視認性を確保、ルアーがどこを泳いでいるのかの把握は出来るようになっている。

Dコンタクト

Dインサイト

Dコンパクト

WSインジケーター

シルバーの上に薄くパールを吹いた”ホワイトシルバー”を基調としたカラー。若干の濁りが入った際にもホワイトシルバーは効果の高いカラーだ。背中面は蛍光イエロー~蛍光オレンジ~蛍光イエローのグラデーションでインジケーター効果を持たせている。参考までに、あえて蛍光オレンジと蛍光イエローを配列させているのには理由がある。日照度合によって見やすい色が違うためだ。ちなみにハイライト時はオレンジが見やすく、ローライト時にはイエローが視認しやすい。その2色を配することで天候や時間帯を問わずルアーの視認性を確保することが出来るのだ。

Dコンタクト

Dインサイト

Dコンパクト

NEWカラー採用のサイズ展開は?

なお上記の新色は、D-コンタクトは50と63のみ、D-インサイトは44と53のみ、D-コンパクトは45のみの展開となる。それ以外のサイズには加わらないのでご注意願いたい。以下が各「D」シリーズのNEWカラー発売予定をまとめたもの。

渓魚を刺激する新たなインパクトとなること間違いないだろう。

アイテム 発売予定
Dコンタクト50 1月発売予定
Dコンタクト63 3月発売予定
Dインサイト44 2月発売予定
Dインサイト53 3月発売予定
Dコンパクト45 2月発売予定
スミス公式サイト 製品紹介ページ

・ D-コンタクト詳細はこちら
・ D-インサイト詳細はこちら
・ D-コンパクト詳細はこちら

SMITH(スミス) プロフィール

1970年創業。日本のルアーフィッシング創成期からそのノウハウや楽しみ方を提案し続けている。バス、ナマズ、ライギョ、トラウト、ソルトと展開するジャンルも多岐に渡る。展開するタックルはスミスオリジナルのロッドやルアーに加え、プラドコやゲーリーヤマモトといった海外製品の輸入販売も行っている。