ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【トモ清水考案!】ガルプ!の2トップ「ガルプ!ベビーサーディン」と「ガルプ!サンドワーム」を融合させた「ガルプ!ソルトウォーター サンドサーディーン 1.8in」

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

11月に入り、盛り上がってくる釣りと言えば、アジング&メバリング!

寒くなってくるにつれ大型化し、これからの時期は尺サイズが登場することも! という訳で今回は、あのガルプ!から2022年に新登場したアジング&メバリングにピッタリなワームをご紹介!

ガルプ!ソルトウォーター サンドサーディーン 1.8in【バークレイ】

発売中

もともと、釣れることから人気を博していた「ガルプ!ソルトウォーター ベビーサーディン」と「ガルプ!ソルトウォーター サンドワーム」。

そんな「ガルプ!ソルトウォーター ベビーサーディン」の長いテールと「ガルプ!ソルトウォーター サンドワーム」の両サイドの手足を1.8inというフィネスなサイズ感に融合し、誕生したのが「ガルプ!ソルトウォーター サンドサーディーン 1.8in」です。

製品名 カラーバリエーション 入数 税別価格
ガルプ!ソルトウォーター サンドサーディーン 1.8in 10 16 800円

バークレイ公式「ガルプ!ソルトウォーター サンドサーディーン 1.8in」の詳細ページはコチラ

開発されたキッカケ

ガルプ!ソルトウォーター サンドサーディーン 1.8in」の考案者は、連載トモ清水「ガッ釣りソルト」でおなじみのトモ清水さん!

トモ清水(Shimizu Tomo) プロフィール

20年以上ロッド開発者として釣り具業界に携わるスーパーマルチアングラー。ロッド開発を手掛けたブランドは、国内、海外、自社、OEM問わず、20社にも及ぶ。現場主義、実績主義をモットーに全国各地、世界各地、釣りに飛び回るガッつり系。常に自然と魚をリスペクトし、次世代の楽しいものづくりに挑戦し続け、世界トップクラスのロッド開発者を目指す。1977年9月生まれ。本名は清水智一(しみず・ともかず)

トモ清水さんの、ガルプ!シリーズの2トップ、2強ワームである「ガルプ!ソルトウォーター ベビーサーディン」と「ガルプ!ソルトウォーター サンドワーム」を合体させれば間違いなく釣れるワームになるでしょ!という発想から開発がスタートしました。

実際に釣果は凄まじく、アジ・メバルなどの魚が爆釣したんだそうな。

テールが切られても使える!

「ガルプ!ソルトウォーター ベビーサーディン」を使用している際に、その集魚力からテールをフグにかみ切られてしまうことも…。

そんな時でも「ガルプ!ソルトウォーター サンドサーディーン 1.8in」は、テールをかみ切られてしまっても、ボディ側面に設けられた両サイドの手足により魚を誘い続けてくれるんだそう。

カラーバリエーション

カラーは全10色。ナチュラル系からアピール系までバランスよくラインナップされています。

BY(ブラッディーレッド)

CG(クリアゴールド)

CLP(クリアピンク)

CH(チャートリュース)

CLPH(クリアラベンダーパールホログラム)

GOK(グローオキアミ)

C(カモ)

PW(パールホワイト)

PK(ピンク)

NP(ニューペニー)

釣れるワームの融合…これは必須アイテムになる予感がしますね!

関連記事もチェック!

あのガルプ! からウワサの新作「サンドサーディン1.8inch」がいよいよ登場!

ピュア・フィッシング・ジャパン( PureFishing Japan )

ロッド、リール、ルアー、用品など釣りにまつわるあらゆるアイテムを扱う総合釣具メーカー。アブ・ガルシア、バークレイ、ペン、スパイダー、ハーディ、シェークスピアなど各ブランドの釣用品の企画・製造・輸入及び国内販売を展開している。1998年7月設立。