ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【気が利きスギなロッド】メジャークラフト・クロスライド5Gの「LSJ(ライトショアジギング)モデル」

タチウオ特集

少し前に、ジグパラのタチウオスペシャルカラーについてご紹介しました。

メタルジグによるタチウオ攻略はエントリーしやすく、またジグパラは信頼のおける日本製フックや、前述したタチウオスペシャルカラー、ライブベイトカラーの存在など、ビギナーからすると「選ぶのに迷わない」ラインナップが揃うのが魅力。

さて、そんなショアからのメタルジグを使ったジギングですが、ジグを操作する&掛けてからの安心感が得られるロッドも必要不可欠。

ショアジギということで、オススメできるのがショアジギング専門ブランド「クロスライド」の最新作、クロスライド5Gです。

クロスライド5G

クロスライド5Gは、LSJ(3機種)、M(2機種)、MH(2機種)、H(1機種)、HH(1機種)の計5シリーズ・全9機種のラインナップ。

出典:メジャークラフト公式クロスライド5G詳細ページ

ちなみに「クロスライド」の名前でピンときた人も多いかとは思いますが、先代クロスライドは過去にメジャークラフトの10周年を記念して作られたシリーズ。

前作と異なるのはクロスライド5Gとなって「ショアジギング専門」となったこと(前作のクロスライドにはショアジギやエギング、ライトゲームなどさまざまなカテゴリーがありました)。

LSJとはライトショアジギングのことで、以降M~HHの順に強い竿となるわけですが、ライトショアから大型青物&ロックショアなどに対応する、ショアジギ専門らしい充実したラインナップとなっています。

メジャークラフト公式クロスライド5G詳細ページはこちら

タチウオ狙いのショアジギならLSJはいかが?

その中でタチウオをターゲットとしたショアジギで、使用ジグが30~40gくらいを基本とするならばLSJモデルはピッタリくる。

LSJにある3機種がXR5-942ML/LSJ、XR5-962M/LSJ、XR5-1002M/LSJ。

9.4フィートのML、9.6フィートのM、10フィートのMとなります。

LSJ(ライトショアジギング)モデルのスペック
Model PRICE
(税込価格)
全長
(ft)
継数
(pcs)
ルアー
(g)
PEライン
(号)
アクション
XR5-942ML/LSJ ¥23,000
(¥25,300)
9’4” 2 15-40 0.6-1.5 Regular Fast
XR5-962M/LSJ ¥23,500
(¥25,850)
9’6” 2 15-50 0.8-2.0 Regular Fast
XR5-1002M/LSJ ¥24,000
(¥26,400)
10’0” 2 15-50 0.8-2.0 Regular Fast

これはクロスライド5G全機種にいえますが、まず軽い、そしてシャープさがあり、ファイトでの安心感もある。

R360構造、トレカT1100Gの採用はもちろん、リールをセットした時のバランスがよく、より軽さを感じて先重りせず、操作性が非常に高いのです。

釣行するフィールドにもよりますが、タチウオ狙いであればMまたはMLあたりが繊細さと安心感のバランスでマッチするでしょう。

ちなみに、人気番組「ヒロセマンのショアジギ道場R」にて、初夏のショアジギゲームを配信していますが、ここで使用していたロッドもクロスライド5G。

LSJならではの仕様

特にLSJは軽さ(単純な自重もそうですが、軽快感ですね)を求めていて、LSJモデルならではの仕様もあります。

まず、グリップが非常にスリム。使用ルアーなどを考えると疲れず操作できることが求められ、それに応じるかたちでスレンダーシェイプのグリップとなっています。

またガイドですが必要な強度を持ちつつ、軽さを求め、ティップ部はシングルフット。

ステンレスフレームSiC-Sガイドリング

初心者や中級者が求める許容範囲の広さと、上級者が求める軽さと高感度を両立した5Gシリーズ……というのがメジャークラフト公式サイトに掲載されているのですが、「まさに」です。

さらに価格帯が23,000円~となっていて、性能を考えるとガチでハイコスパといえます。

今回はタチウオで…ということで話をすすめましたが、もちろんライトからガチなショアジギまで完全網羅のラインナップ。ぜひお好みの1本を見つけてみてください!

メジャークラフト MajorCraft

2002年2月設立のフィッシングメーカー! ルアーで狙えるあらゆる魚種ごとのロッドを開発! 低価格&高品質な高いコストパフォーマンスで人気。 数年前からはロッドだけでなく、ライン、ルアーなども手掛けている。