ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

今江克隆のルアーニュースクラブR 「グリフワ釣法!雨天や荒天時に効くオススメメソッドを紹介」の巻 第1006回

連載:今江克隆のルアーニュースクラブR

今年は例年以上に鬱陶しい梅雨日が続いている気がするが、今週はそんな鬱陶しさを吹き飛ばす、荒れた梅雨の天候で現在、威力を発揮しマクっている「『ギルロイドベビー』のグリフワ釣法」を紹介しよう。

ギル型ビッグベイトは、すでに定番ジャンルとして確立されたが、基本的にはサイトフィッシングに属するビッグだがフィネスな「リアクション喰わせ」スタイルが主流である。

そのためリップレス&完璧サスペンド仕様で、アプローチからバスの動きに合わせて操作する必要があり、正直、上級者「玄人向き」のスタイルだ。

それに比べ、今回の「ギルロイドベビー」の「グリフワ巻き」は、「ギルロイドjr.」に代表されるサイト系の釣りではなく、雨天や風のある日など荒れた天候でこそ有効な、クランクやシャッドなど、リップがあるルアーの釣り方の延長上にある簡単な釣り方である。

グリグリっとちょっと巻いてフワっと止めて漂わすのが「グリフワ巻き」。「アベンタクローラーRS」を水面直下でスピーディに展開するイメージだ

「グリフワ巻き」はカンタン!

「グリフワ巻き」の方法は至極簡単。

梅雨時期にバスがサスペンドしていそうな場所(立木や岩など縦ストラクチャー狙いが基本)の向こう側に投げて、竿を立ててグリグリっと狙いの場所まで巻いてくる。そして狙い場所の直前からそこを通り過ぎるまで、竿を立てたまま、スラックを巻き取るだけの要領で5〜10秒、フワフワと漂うように静止させるだけ。

アベンタクローラーRS」のピクピクを水中版にしたイメージととても似ており、自分的には昔々の「レーベル・スプーンビルミノー」の縦捌きポンプリトリーブを「ギルロイドベビー」で簡単にしたような感じの釣り方だ。

フラットの立木横までグリグリっと数回巻いてフワっと止めてウネウネしてると… 久々に味わうティンバーフラッシュ続発!

グリフワ巻きで狙う水深、着水点などなど、詳細は次ページで!

1 / 4
次へ