ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ジャッカル「ディービルシャッド」にマーモカラーが登場&今の時期のシャッドの使い分け方をご紹介!

連載:マーモ加木屋守「CAST TO GLORY」

皆さんこんにちは! さて、寒くなったり暖かくなったり春みたいな気候が続きますが、マーモ的に恐らくこのまま春を迎えてしまうような感じがします。

地元のエリアでも、バスもほとんどシャローに残ってる傾向で、寒くなったタイミングでルアーのセレクトをシッカリしてあげることが重要なだけで、シャローでもガンガン釣れてしまう感じ。

 

これから効き始めるソウルシャッドとディービルシャッドの使い分け

先日も五三川へ行って来ました。もうそろそろかと思い、去年炸裂した「ディービルシャッド」【ジャッカル】を使った釣りをメインに展開しましたが、中々反応がなく、「ソウルシャッド58SP」【ジャッカル】にチェンジして巻くとすぐにバイト!

 

ソウルシャッド58SP

Name Length Weight Type Hook Size Price
SOUL SHAD 58SP 58mm 5.5g Suspend トレブル RB-M#8 ¥1,610(本体価格)

 

ディービルシャッド

Name Length Weight Type Hook Size Price
D-BILL SAHD 55SR 55mm 5.5g Floating RB-M #8 ¥1.610(本体価格)
D-BILL SAHD 55MR 55mm 5.8g Floating RB-M #8 ¥1.610(本体価格)

ジャッカル公式「ソウルシャッド58SPディービルシャッド」詳細ページ

 

ディービルシャッド」はどちらかというと、クランクベイトに近いタイプのシャッド。「ソウルシャッド」は比較的動きが弱く、ボトムに当たった時に「ディービルシャッド」ほど飛びすぎないルアー。

暖かくて活性が高い日であれば、「ディービルシャッド」の方が良い魚を呼べますが、気温が落ちてバスが低活性なの時は「ソウルシャッド」がベスト。

 

ディービルシャッドにマーモカラーが登場! カラーコンセプトは甲殻類

先日の五三川でも、あきらかにシャッドを変えた途端にバイトがあったので、ローテーションの重要性を感じさせられました。

そして、2020年から「ディービルシャッド」にマーモカラーが登場します! 薄いレッドカラーがボディに施されていて、お腹は甲殻類をイメージした色に仕上がっています。

 

僕の中では、シャッドは甲殻類を捕食しているバスに有効だと思っていて、ボトムを叩きながら巻いている時は、逃げ惑うエビやザリガニをイメージしながら巻いています。

巻いている中でエビのようなカラー+シッカリした存在感を出せるという要素で、このカラーを作らせていただきました。

4月登場ということですので、是非楽しみにしていてください! それではまた来週!!

 

WEB連載 マーモ加木屋守「CAST TO GLORY」は毎週  日曜日 配信!
過去の記事もぜひチェック!

過去の連載記事はこちらからチェックしてみて下さい!

1 / 2
次へ