ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【基本だけ知ってればイカは釣れる】ティップランエギングで確実に釣果を伸ばす方法

寄稿:永田 広也

永田 広也(Hiroya Nagata) プロフィール

兵庫県在住で主にティップランエギングをメインとしながら、タイラバやジギング等のソルトのルアージャンルも幅広く得意とし、現在はSUNLINEとラグゼ【がまかつ】のスタッフとしても活躍中。

初めまして! 永田広也です!

いよいよ秋のティップランシーズンが開幕しましたね!

そこで、今回はティップランエギングの基本とシーズン初期の数釣り、タックルをテーマに解説させて頂きます。

 

 

サミングとラインの角度の重要性

ドテラ流しの場合、船は風や潮に押されて流されており、常にポイントを移動しながら釣りをしている状態です。

なので、エギをキャストせずに、真下に投入してボトムまで沈めていきます。

この時に、しっかりとサミング(指でスプールから放出するラインの量を調節する事)をして、極力余分なラインを出さずに、ボトムを取る事が大事なポイントとなります。

 

サミングを怠りエギが沈むスピードより早くラインを出してしまうと、ラインスラックが多い状態で着底してしまいます。

すると、次の行程であるシャクリに移行する前にラインスラックを取るという行程が増えてしまいます。

着底してからのタッチ&ゴー(エギを海底から素早く立ち上げる事)が遅れ、フォールに反応してエギを追いかけてきたアオリイカがエサではないと判断します。

すると、イカはエギに対して興味を失い、アタリが減ってしまいますので、必ずサミングをしてボトムを取ることを意識して下さい。

それを意識するとキャッチ出来るイカも増えると思いますよ!

 

そして、エギをボトムまで沈める際にもう1つ重要なポイントがあります。

それは、海面に対してのラインの角度です。

エギの姿勢が最も良く、アオリイカのアタリも分かりやすい最適な角度は海面に対して45度前後です。

風の強さや潮の流れで、船の流れるスピードが変わり、船からエギが離れていくスピードもその時々で変わりますので、小まめにエギのウェイトを調節してラインの角度を常に海面に対して45度前後にコントロールすることが重要になります。

ここまでの説明ではまだエギをボトムに沈めただけですが、サミングとラインの角度のコントロールは釣果に大きく影響を与える大事なポイントです。必ず実践して下さい。

 

シャクリ方やコツなどを解説

次はエギの動かし方についてです。

エギが着底したら、アオリイカがエギに対する興味を失わないように素早くシャクリに移行します。

着底から0.1秒でも早くシャクり始めてエギに生命を吹き込んでやることが釣果を伸ばすコツです。

 

シャクリ方の解説

そしてシャクリ方ですが、ティップランエギングというと、しっかりとシャクらなければと思われますが、激しいシャクリは不要です。

軽めのワンピッチで十分に釣果をあげる事が出来ます。

 

実際に僕はロッドの振り幅の大きいハードジャークは使いません。

なぜなら、ティップランは陸っぱりと違い、水深のあるポイントで船でエギを引っ張りながら釣りをします。

いくら激しいシャクリを入れても、陸っぱりのように横方向には殆どダートせず、直線的な動きになっています。

エギにシンカーを被せた場合はさらにその傾向が顕著になります。

僕は以上の理由から、軽めのワンピッチを多用しています。

ダートさせるというよりはナチュラルに泳がせるイメージです。

ナチュラルに泳がせることにより次の行程のステイにもスムーズに移行できます。

シャクリの回数はその時々でアオリの反応するタナが変わりますので、ベースは5~10回ですが、アタリがなければその上下も探ってみて下さい!

 

ステイが重要なティップランエギング

ティップランエギングはシャクリの釣りではなく、「エギをいかに止めるか」の釣りです。

いくらフォールとシャクリでアオリを反応させても、しっかりとエギを止めることが出来なければ、アオリはエギを抱いてくれません。

サイトエギングをされた事がある方ならご存知だと思いますが、アオリはフラフラしているエギや急に動くエギはほぼ抱きません。

それではどういったエギなら抱くのか?

それは、水平姿勢で安定しているエギや頭下がりにフォールしていくエギです。

この条件をティップランで演出するには、まず頭下がりのフォールは船でエギを引っ張っているのでほぼ不可能です。

残りは水平姿勢で安定しているエギとなります。

ティップランでのステイとはエギを水平姿勢で安定させることです。

エギを水平姿勢で安定させるにはシャクり終わった時点で、ロッドはアタリを待つ位置に置きます。

そこでリーリングでスラックを取り、テンションをかけるとエギは水平姿勢で安定し、アオリのバイトを誘発する事が出来ます。

 

そして、ステイの状態に入ったら絶対にロッドを動かさない。

ステイ時にロッドを動かしてしまうとアオリがエギに触った時に、ティップに出るアタリを察知出来なくなる場合があるので気をつけて下さい。

 

高活性の個体を狙い撃ち

ステイの後は、アタリがあれば即アワセしましょう。

 

アタリがなければ回収するかもう1度ボトムを取り直すかなんですが、特にシーズン初期の数釣りの時季は、高活性の個体が近くに居れば大体1セット目で抱いてきます。

 

必ず1セットでエギを海面まで回収し、再度落とし直す事を徹底して頂けると効率良く高活性の個体を狙い撃つことが出来て、数が伸びると思います!

船は常に後ろに流れていくので、回収して落とし直した場所はフレッシュなポイントとなります。

高活性の個体を狙い撃つ場合は回収せず、延々とラインを前に出すよりは、1セットごとに回収した方が効率的だと思います。

ぜひお試し下さい!

 

使用タックルについて

ロッドは手感度、目感度に優れたソリッドティップ搭載のティップラン専用モデルがオススメです。

近年は、ティップランロッドもたくさんのバリエーションがあり、長さやパワー等、自分に合ったロッドを見つけることも楽しみの1つですね。

リールは2500番、C3000番クラスが使いやすいと思います。

PEライン、リーダー

僕が信頼して使用しているPEラインはソルティメイト PE EGI ULT HS8です。

サンライン公式「ソルティメイト PE EGI ULT HS8」詳細ページはこちら

 

このラインを選んだ理由は、…Smooth Surface加工(SSP)が施されているため、ラインの表面に微細な毛羽立ちすらなく真円に近い形状だからです。

使っている時も驚くほど滑らかで、シャクった時やステイ時に、ラインを通して得られる情報量が多くて超高感度です。

ティップランにおいて1番大事な部分ですね。

 

さらに、「強力・張り・感度・耐摩耗性」に優れた「ULT-PE」をより平滑(凹凸がなく滑らか)に編みこまれていることで、8ブレイドの弱点である耐久性の低さ(より滑らかに編む為、繊維と繊維の角度が急であるため)も完全にクリアしているのです。

8ブレイドでありながら、高耐久力を実現しており、従来の8ブレイドラインよりコストパフォーマンスが高いのも魅力の1つです。

僕は年間を通して、同じラインと同じ号数を使い続けることで、感覚が徐々に研ぎ澄まされ、ラインが自分のものとなり、ラインを通して得られる情報量がアップすると考えています。

 

ということで、細さと強さを兼ね備えており、秋の数釣りから真冬の南紀レッドモンスター狙いまでバッチリ対応できるソルティメイト PE EGI ULT HS8の0.5号(240m)を年間を通して使用しています。

リーダーはソルトウォータースペシャル エギリーダーBSを使っています。

サンライン公式「ソルトウォータースペシャル エギリーダーBS」詳細ページはこちら

潮に馴染みやすい色調で、海中での乱反射を抑えていますので、視覚に頼って捕食するアオリ相手でも、違和感なくバイトさせることが出来ます。

ノット性能にも優れており、ラインポテンシャルを最大限に引き出す事が可能です!

さらに、特殊DRP加工により根ズレにも強いので、シモリ周り等を狙う事もあるエギングやティップランには最適なフロロカーボンリーダーだと思います! オススメですよ!

皆さんもぜひこれからがシーズンのティップランエギングを楽しんでみてはどうでしょうか?

サンライン(SUNLINE)

1977年設立、山口県岩国市を拠点とするラインメーカー。 独自技術の開発力が高いだけでなく、大手材料メーカーや大学研究機関との連携・共同研究 により、最新テクノロジーを駆使したライン開発も進めている。また各分野に約400人強のフィールドテスターがおり、現場からのフィードバックも豊富。 最新テクノロジーが導入されたあらゆるジャンル(バス、ソルト、トラウト、鮎、へらぶな、渓流など)のラインを続々と輩出中!

ソルティメイト(SaltiMate)

ソルティメイトはサンラインのソルトウォーターゲーム専用ラインブランド。あらゆるSWゲームフィッシュ用のPE、フロロ、リーダーなどをラインナップ。エギング用の「PEエギULT」シリーズ、ライトゲーム用の「スモールゲーム」や「鯵の糸」シリーズ、ジギング用の「PEジガー」など人気アイテムがズラリ!