ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【マグナム・フラットサイド・ギル型クランク!?】イマカツの注目作「小南ギルウチワ」の製品化が決定!

バスフィッシング、特に琵琶湖では、すっかり無くてはならない存在となった大型クランクベイト、いわゆるマグナムクランクですが、各社から様々なコンセプトのマグナムクランクが登場、あるいは登場する予定となっています。

そんな中で、ひときわ異彩を放っているのが琵琶湖プロガイドの小南悠プロが自作し、釣りマクっている「ウチワ」と言うマグナムクランクです。

この「ウチワ」は、同じく小南プロがプロデュースしたギル型ポッパージャークベイト「小南ギルポップ」に基盤リップを装着した、なかなか斬新なフォルムのマグナムクランクなのですが、これがあまりにも釣れるということで、この秋、製品化され「IMAKATSU(イマカツ)」より発売されることが決定したようです。

今江克隆プロのブログでは以下のように紹介されていますよ。

今季の発売予定には無かった小南ギルウチワ。
今夏予定だったブルバイソンとトビウオを押し退けての発売は予定外。
発売確定はビッグバスハンター小南の実力です。

出典:K.IMAE Top Secret

コレは気になりますね!

製品名は「小南ギルウチワ」とのこと。

小南ギルウチワの特徴は…

大まかに言うと、マグナムサイズのブルーギル型フラットサイドクランクベイトが「小南ギルウチワ」なのですが、その特徴を挙げると…

ウチワアクション
名前の由来にもなっているのですが、水中ではまるでウチワを扇ぐようパタパタパタと水を押す独特の激しい動き「ウチワアクション」をするとのこと。
今江克隆プロの説明では「アメリカ製の最強に動きのデカいクランクよりも、更にデカい強烈過ぎるほどワイド&ワイルドな動き」だそうです。
また、そのアクションを初めた見た時には「大丈夫なんか、コレ?」と、うなってしまったほど独創的なアクションだとか。

フラットサイドクランクなのに飛ぶ!
「小南ギルウチワ」は、マグナムクラスの重量と、連結キール型テールで、飛行姿勢を崩しにくいことから、圧倒的な飛距離を出すことに成功。
「フラットサイドクランクは飛ばない」というデメリットを克服しているとのこと。

巻き抵抗が軽い
上顎カップ(上リップ)と、小さめに基盤リップ(下リップ)があるため、2つのリップでしっかり水を捉えて潜行することから、軽い巻き心地ながら大きなウチワアクションを実現。一日中巻き続けても疲れないとのこと。

さらに、モンスターバスが来ても安心な#3/0のロングシャンク太軸フックを搭載。巨大なスプリットリングと、このフックが低重心バランサーの役目を果たしウチワアクションを安定させているとのこと。

そして何よりの特徴は「めちゃめちゃ釣れる」こと。小南プロもブログでこう綴っているほどです。

今日は夕方三時間だけ湖上に出て…サクッと「小南ギルうちわ」で55cmオーバー仕留めちゃいました!!
自分で言うのもなんですが、ホンマこのマグナムクランクはマジで釣れる!!
早くみんなに投げて頂きたいです!!
発売まであと僅か…。

出典:琵琶湖プロガイド 小南 悠のブログ

ということで、今秋の最注目ルアーと言っても過言ではない「小南ギルウチワ」。9月上旬発売予定とのことですので超期待ですね。