ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

夏だ!トップだ!POPMAXだ【このデジャヴ感】

どうもみなさん、もっさんです。

もっさん…甲殻類系編集部。割と長い期間このカニという設定を続けているものの、あまりに誰からも相手にされず、「もうそろそろこのノリしんどいんかな」と思いはじめているのは内緒☆

「あ、もうこの記事読んだわ」と思ったそこのあなた!ちゃいますよ!多分それこないだの記事

夏だ!トップだ!POPXだ!【やっぱ釣れるねん】

よくタイトル見て!今回はPOP「MAX」ですよ!

POPXをデカくしただけじゃない!POPMAX!

こないだのPOPXの記事が案外多くの方に読んでいただけたみたいでテンションが上がったので、あの時紹介しきれなかったPOPMAXをご紹介。

こちらがPOPMAX。78mm・1/2ozというサイズでアピール力&飛距離もMAX級(ちなみにPOPXは64mm・1/4oz)

先の記事では僕のPOPXへの熱い思いの丈をタラタラ綴らせてもらいましたが、実は普段はPOPMAXの方が使用頻度は高いんです。常にPOPXとPOPMAXはボックスにスタンバイさせているんですが、僕の釣行は陸っぱりがメイン。どうしても飛距離で勝るMAXの登場機会が多くなってしまうんですよね~!

未開封状態のPOPMAX。パッケージからもうカッコいい!

このPOPMAX、ただ単にPOPXを大きくしただけではありません。並べてみるとよく分かりますが、ボディの形状から内部構造まで違います。

出典:メガバス公式サイト POPMAXページ

陸っぱりの強い味方POPMAX

抜群の飛距離によって、POPXの魅力である甘いポップ音やドッグウォークのさせやすさなどを踏襲したまま、そのパワーをより遠くまで運ぶことができるのは陸っぱりアングラーにとってかなりのアドバンテージになります。

「音」で遠くから魚を集めるルアーであるポッパーだからこそ、飛距離が伸びることでその恩恵を受けやすくなるんですね。

陸っぱりで釣れました!こんなカワイイサイズでも躊躇なく食ってきますよ!(※POPXの記事の写真と同じ日なんで当然僕は脱皮状態。やはり左手はカニの爪のようになっています。人間みたいな姿をしていますが実際はカニです)

陸っぱりはもちろん、ボートでも大活躍間違いなしのPOPMAX!使ったことがない人はぜひお試しあれ!!