ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

「三島ダム」房総の注目バス釣りリザーバーの最新当たりルアーと釣り方を紹介

こんにちは!北見真人です。今回は私のホームグラウンドの1つ房総のリザーバー「三島ダム(千葉県君津市)」で最近、かなり当たっているルアーがあるのでレポートさせていただきます!

ホームフィールド房総のリザーバー、河口湖、桧原湖など。また河口湖メインにトーナメントも参戦中・最近の主な戦績…2014JB バスプロ選手権(東日本)準優勝、2015JB 河口湖B 第2戦 優勝1979年 生まれ、出身地埼玉県。キャスティング岩槻インター店・店長代理。

 

房総リザーバーでジャンボグラブ炸裂中♪

さて、房総のリザーバー「三島ダム」での当たりルアーについてなんですが…。

房総のリザーバーと言えば、不動の定番ワームとして知られるのが「レッグワーム」「モコリークロー」!ですが…、実は僕的には6インチ・ジャンボグラブで密かに良い釣りをさせてもらっています♪

ちなみにゲーリーのグラブと言えば誰もが「4”グラブ」と声を揃えますよね? 確かに良く釣れる永遠の定番です。で、4”グラブの兄貴分に当たるのが「6”ジャンボグラブ」。

ゲーリーインターナショナル公式6インチジャンボグラブ詳細ページはこちら

そして、話題のフィールド三島ダム(千葉県)で、そのジャンボグラブを使った釣りが非常に楽しく、いいサイズを選んで釣れる釣り方があるんです。それでは、三島ダムのジャンボグラブの釣りを紹介させていただきます!

↓三島ダムにてジグ+ジャンボグラブでキャッチした50アップ!

 

さて、三島ダムですが、僕は普段こちらの「三島湖フィッシングボート・ともゑ」にてお世話になっております。

三島ダムの利用ルールはこちら 釣行前に必ずチェックして・守ってくださいね

 

さて、ジャンボグラブについてなんですが、まずはジャンボグラブと4”グラブのサイズの比較です。

ボディーサイズとテールのボリュームが大きく違います。最近は各社様々なサイズのワームが出ており、10数年前は大きなワームの部類にいたジャンボグラブですが、今改めてみると「ちょうどいい!」サイズに見えますね♪

この大きな口ならジャンボグラブも余裕の丸呑み♪

 

[今三島ダムでハマッている釣り方がジグ+ジャンボグラブ!]

僕が今ジャンボグラブを使う理由は、アベレージサイズより大きなバスを釣るためです。やはりボリュームのあるワームはサイズの良いバスを選んで釣ることができるんです!
更に新規開拓中のフィールドで効率よくテンポ良い釣りをするためにはラバージグとのコンビネーションが最適です。
ジャンボグラブは単体での使用ももちろん効果的ですが、よりサイズアップを狙いつつ、サーチ力も上げたい時にジグトレーラーとしての使用が非常に効果的です。

トレーラーとしてセットする際に僕はこのように頭を1cmほどカットして使用しています。
これはジグにセットした際の「一体感」を意識して行っています。もちろんカットせずにそのままセットしても全く問題ありません。ただし、あまりにもフックの小さいジグとの組み合わせは、ミスマッチとなりますのでご注意を!
タックルは、MHクラスのロッドにラインはフロロ12~14LB。リールはハイギアがオススメ。

1 / 3
次へ