ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

真夏の淀川オカッパリバス釣り有望エリアとルアーを解説【特別寄稿・from一拓也】

今回は真夏日を想定した淀川のバス釣りでのエリア選択についてご紹介

こんにちは、一拓也です。

最近は時折、大雨や台風などが来襲。で、その後、しばらくすると一変して、猛暑日が続いていてますね。

私のホームグラウンドの大阪の淀川(よどがわ)でも同じような状況が続いています。

というわけで今回は真夏日を想定した淀川のバス釣りでのエリア選択についてご紹介させていただきます!

一拓也(はじめ・たくや)。大阪市内を流れる淀川(よどがわ)をホームグラウンドをする、オカッパリ好きアングラー。

一拓也Twitter
https://twitter.com/takuxya0428
@takuxya0428 で検索

一拓也Facebook
https://www.facebook.com/takuya.hajime1

一拓也Instagram
https://www.instagram.com/takuya_hajime/
takuya_hajimeで検索!

YouTubeの「ちゃんねるはじめ」
https://www.youtube.com/channel/UCS_TXO4A5UA0kVNkGqiJaVg/

 

 

さて、猛暑日が続く淀川の狙い方なのですが、基本的にはカレントの効いた淀川本流やウイード絡みの場所をキャロライナリグで狙うのが王道なのですが…。

最近の雨や台風は影響がデカく、正直なところ増水時に流され引っ掛かった枝やゴミなどが多く残っていて、かなりエリア選びに難儀します。

まずは具体的に有望なエリアをマップにしてみました!

下流域のワンドは歩き回るのが足場的につらい

それでは下流から1つ1つ説明していきますね

具体的な例でいうと、まず下流について…。

下流のワンド群ですが、釣果うんぬんの前に、釣り場を歩き回ること自体がけっこう厳しめ。

例えばメジャー場の城北ワンドは、大雨後、けっこうたっても、水が凄く悪い状態で、しかも足場も泥だらけで歩くだけで足が取られる状況がほとんど。テトラの中には泥が埋まり、足場と思って踏み出す と、足がズボっと埋まる可能性があるので、要注意! もちろん長靴は必須です! 。

中下流の本流はチャンスあり

続いて下流のワンド以外はどうかというと、下流の本流および中流の本流はチャンスありです!

特に本流エリアのシャローからブレイク+テロップ(岸ギワから沖へ伸びる堤防)が入っているエリアは、居れば食う!って感じで捕食モードのバスが多いので、狙う価値はありです。

 

↓具体的な有望エリアの1つオカムラワンドの本流側

 

上流域は一番チャンスあり

続いて上流エリアはというと…。一番チャンスありです。

上流エリアでは、水質の回復が早く、流れから1度休憩するデカバスが入るワンドが点在するので、ワンドおよびワンドそばの本流などはかなり狙いめです。

上下写真=大塚ワンド

↓大塚ワンドの本流側

 

↓上流「樟葉ワンド」

全体的なエリアの状況を書いてみました。まとめると「上流エリア」、「本流」を狙うのがオススメです。

1 / 2
次へ