ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

琵琶湖バス釣りルアーの使い方【琵琶湖-夏秋8~9月対応=解説=庄司潤】夏といえばコレ!パンチショットリグ

日本を代表するビッグレイクで、日本で随一のデカバス出現レイクとして知られる琵琶湖。そんな琵琶湖での釣りをマンキツするために有効なパターン(釣り方、ルアー)を紹介します。
出典:琵琶湖のバス釣り完全ガイド

解説=庄司潤 Jun Shoji

目探といえばコノ人! 京都府在住。サイトフィッシング、地形サイトを得意とする琵琶湖の鬼釣らせプロガイド。琵琶湖ガイド「ドリームエクスプレス」としての活躍に加えて、様々なアイデアルアーやアイテムを輩出するドリームエクスプレスルアーを主宰。

 

フットボール型シンカーを使った新しいバンチショットの釣りを紹介

夏といえばパンチショットリグ! 私が9年前にはじめてつけた言葉です。今は夏の琵琶湖で定番になっています。

パンチショットリグはウイードエリアで使うために開発。専用のパンチショットシンカーもリリースしていて、多くの方に使っていただいていますが、今回ご紹介するのは、ダイレクトショット【ドリームエクスプレスルアーズ】というシンカーを使ったパンチショットリグ。

 

 

ダイレクトショットはシンカーのデザインをフットボールジグと同じにすることでボトム感知能力が向上。さらにヘッドがフリーに可動することで根掛かりを少なくできます。
ボトムバンプさせた時には移動距離を短くし、さらにオフセットフックを使用することで使えるワームのバリエーションも無限。甲殻類をイメージする場合はクロー系やクリーチャー系を使ってください。ギル系をイメージする場合はフラット系ワームを使えば大丈夫でしょう。

夏は食わせるか、リアクションか2つの攻め方で狙います。

食わせる場合はボートポジションを浚渫の浅い側にとって、深い側にキャスト。浚渫の壁をズル引きして食わせます。
ズル引きの場合はできるだけ浚渫の壁が直角になっている場所を見つけてください。シンカーウエイトは10g、14gがオススメ!

この場合のオススメワームはクロー系またはクリチャー系で甲殻類をイメージ。

ディープでも水温が上昇してきた場合はリアクションが効果的。ボートポジションはディープ側にとり、浚渫のトップにキャストしてからダウンヒルで釣っていきます。ダウンヒルで釣る場合は浚渫の壁が二段になっている場所を探してください。
フォール中にバイトがでることが多いので、ラインの変化に注意してください。この場合オススメのワームはギル系のモノ。シンカーウェイトは17.5g、21g、28gがオススメです。

 

オススメルアーはコレ!
パワーホッグ4inch【バークレイ】やツインテール4inch【ハイドアップ】のパンチショットリグ

ダイレクトショットのパンチショットリグは夏の水温が上がって、バスがより安定した水温の深いレンジを好むタイミングにピッタリです。琵琶湖の南湖でいえば下物の浚渫エリア、ディープホールの浚渫でも使えます

 

1 / 2
次へ