ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

2018年JBトップ50シリーズ第3戦in七色ダム-2日間の予選を終え総重量11kgオーバーでトップは有里拓、2位にはトップと重量差178gで藤田京弥、3位は同911g差で黒田健史

出典&アイキャッチ出典:JB/NBCニュース

日本のバストーナメントの最高峰シリーズ「JBトップ50シリーズ」の2018年第3戦in七色ダム「東レ空ロームCUP」の予選2日目が7月7日土曜日に行われた。

予選初日は参加48人が全員ウエイイン、その中で初日トップは5尾7725gで有里拓、続く2位には5尾5375gで青木大介、3位には5尾4900gで加藤誠司が入っていた。

 

なお予選順位は順位ポイントと重量ポイントの合計で順位が決定するルールですが、最終順位は3日間の総ウエイトによって決定するので、2日間を終えての実質的なトップは、いわゆる2日間の重量でトップに立つ選手となります。

予選を終えてトップに立ったのは2日間で10kgオーバー11083gをウエイインした有里拓

で、2日間の予選を終えてトップに立ったのは2日間で10kgオーバー11083gをウエイインした有里拓、2位にはトップと178g差2日間で10905gの藤田京弥、3位にはトップと911g差で黒田健史という結果となりました!

 

予選初日、有里拓は7725gというスーパーウエイトをウエイイン

出典&アイキャッチ出典:JB/NBCオフィシャルサイトツイッター

 

2日目藤田京弥が6265gをウエイイン

出典:JB/NBCオフィシャルサイトツイッター

 

2日間を終え総重量降順で並び替えた成績表-トップ6

No. 氏名 重計 1位との差
1 T5035 アリサトタク有里拓 11,083g
2 T5032 フジタキョウヤ藤田京弥 10,905g 178g
3 T5025 クロダケンシ黒田健史 10,172g 911g
4 T5008 タケダハルキ武田栄喜 9,975g 1,108g
5 T5021 オオツカシゲル大塚茂 9,225g 1,858g
6 T5005 コバヤシアキヒト小林明人 9,053g 2,030g

なお、2日間を終えた公式成績表、および予選通過者を総重量降順で並び替えた実質成績表はこちら

http://www.jbnbc.jp/_JB2018/view_result.php?t_id=10030&page=day2

出典:JB/NBCニュース

明日7月8日は予選通過30名による決勝が行われる!

 

明日の決勝が楽しみですね。