ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

大注目ブリムスライドの最新プロト公開&菊元俊文の最新アクション解説動画も公開

エバーグリーンの菊元俊文が開発を続けているのがコレ!

ギル型ジョイントビッグベイト「ブリムスライド」

 

ルアーニュースRでは7月13日に菊元さんの実釣ロケに行ってきました!

その時にもちろんブリムスライドも登場!

で、最新プロトを撮影することができました。それがコレ!

_MG_3231

ロケでは動画撮影も実施!

菊元さんによるアクション実演や、バイトシーン、ヒットシーンも収録してます!

_MG_3251

さて、ブリムスライドについては、開発がどれぐらい進んでいるのか? が一番、気になるところですよね!

そのあたりを直接菊元さんに聞くと、よく釣れる「神プロト」と呼んでいるプロトがあって、最近はその神プロトを製品版に近づける作業を延々と進めているとのこと。

発売時期に関しては明言はなかったけど、かなり煮詰まってきていると話してくれました!

 

 

 

 




ブリムスライドについては以前にもルアーニュースRで詳しくお伝えしたのですが、http://www.lurenewsr.com/287/

ここでは最新情報&最新写真をまじえて、おさらいしてみます!

「ブリムスライド」というルアーについて…


ブリームはタイ科の魚を表す言葉で、アメリカではブルーギルのこともブリムと呼ぶようで、その辺りからの命名とのこと。

超リアルさにもこだわり!


 _MG_3253

ブリムスライドにはリアルさも追求。ヒレのディテールや塗装などもまさに超リアルにしあがっている。

ちなみにボディはハード素材がメインだが、胸ビレ、腹ビレなどはソフト素材の予定。

 

 

コンセプトは「速い展開で食わせることができるギル型ビッグベイト」


 

普通はギル型というと、比較的スローな展開で使うことを想定するかもしれないが

このブリムスライドは「速い攻め」で使うことを想定しているのだ。

具体的には

・グリグリグリと早めに巻いて止める! すると止めた後はカーブを描きながらスライド!

 

・グリグリと早く巻いてヒラ打ちさせながら潜らせて、その後のフラフラとした浮上アクションで食わす!

 

・ゴリ巻き後のストップで食わす! などなど

 

とにかく速い動きと、その後の止めによるスライドアクションやや浮上アクションをミックスさせての

リアクションバイトを狙っているのだ! 

 

 

フェザーとティンセルが付いたフック部の意図は?


 

_MG_3252

けっこう気になるのがフック部。フェザーとティンセルがミクスチャーされたフックになっているけど

その狙いは…

・泳がせているとヒレのような動きを演出できる!

・止めた時の食わせ力アップ!(ティンセルなどは特にウェイクマジックなどで検証済)!

・バスが食いにきた時に吸い込ませやすい(バキュームした時にイイ意味で抵抗になる)

・少しだけフックの存在感を隠したい(それほど重要視していない)…などなど

 

_MG_3240

完成が待ち遠しいですよね!