ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

油ケ淵現場ナマ情報by加木屋守【週刊ルアーニュース6/1発売号】

毎週金曜日に関西&東海エリアを中心に発売されている週刊ルアーニュースで連載中の「現場ナマ情報」!淀川や大江川はじめ、池原ダムや七色ダムなど人気フィールドの現状分析や今後の予想、オススメの釣り方などを各地の釣りウマアングラーがナマ解説!ルアーニュースRでその一部をご紹介!今回お届けするのは「油ケ淵」!

油ケ淵(あぶらがふち)ってどんなトコ?
油ケ淵は愛知県にある有名なバスフィールドの1つ。海とつながっており、潮の満ち引きの影響を受ける。自転車でランガンするのがオススメだ。

加木屋守(かぎや・まもる)。ニックネームは「マーモ」。油ケ淵はもちろん、知多方面の野池を知り尽くし、長良川ではガイドも務める。ジャッカルのロッド「BPM」のイメージリーダーを務め、現在は自身初のプロデュースルアー「マーモプロップ(仮称)」を開発したりと活躍の幅を広げている人気アングラー。1992年11月生まれ

アメブロ
https://ameblo.jp/hbma-mo

ツイッター
https://twitter.com/ma_mo_s

インスタグラム
https://www.instagram.com/mamorukagiya/

YouTubeチャンネル「マーモチャンネル」
https://www.youtube.com/channel/UCrcHOHRzkCBcGyZmgy5X2pA

今週の油ケ淵ナマ情報

こんにちは。梅雨シーズンの6月に入りました。トップウォーターゲームが楽しい季節となってきましたね。バスの状況的には回復系の個体も増え、巻きモノなどの釣りに反応することが多くなっています。

ドコをチェックすればイイ?

基本的にはベイトが多いスポットが要チェックエリアで、ベイトがいない所はバスからの反応がない状態です。

先日は知り合いが本湖安城側の矢板でナイスバスをハートテールにて捕獲されていました! スポーニングを終えて、まだまだ河川エリアよりも本湖周りのスポットが調子よく、引き続き水門周りやアシ周りの釣りがよさそうです。

次のページでは具体的なオススメルアーと今週の爆発予想スポットを紹介!

1 / 2
次へ