ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【注目パターン】タイラバで「イカパターン」がブレイク中!?

各地で盛り上がりマクっているタイラバゲーム。
底まで落として巻くだけで美しいマダイが釣れるんですから、盛り上がりますよね。

そんなタイラバシーンで、主に日本海側で注目されているのが「イカパターン」です。

春はムギイカ(小型のスルメイカ)を捕食していることも多いようなので、そのムギイカに似せた、ムギイカっぽいセッティングをしたタイラバがやたらと釣れるというのが、このパターン。

具体的には、タイラバ全体のボリュームを抑え、かつシルエットをムギイカっぽくして、マッチ・ザ・ベイト(ムギイカに似せる)でマダイを誘うというものです。

ちなみに先日、福井県・三国のシーライオンさんに乗船しタイラバの取材をしたのですが、その時に船中で一番釣っていたお客さんのセッティングが下の写真です。

タコベイト系のワームを使って見事にイカっぽさを演出されていました。

また下の写真のようなセッティングをされていた方もいました。

という訳で、マダイはイカ類が好物のようですので、タイラバ釣行時にはこういったセッティングを忍ばせておくとよいかもですね。