ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ギラギラコウゲキPROTO】長年開発が続くデプス注目のジャイアントベイトがついに⁉

デプスNEWS 9 【奥村和正が最新極秘アイテムの開発秘話を激白】

ルアーニュースの毎年恒例行事の一環でもある企画の1つが「でぷにゅー」ことデプスニュース。

今年で9年目を迎えますが、デプス本社でガサ入れ取材すると、目からウロコ! いろんな意味で驚きを隠せない数多くの極秘アイテムがゴロゴロでてきました!!

今年もそんな極秘アイテムやリリーズ間近のアイテムを、デプス代表である奥村和正氏が直々に開発秘話などを暴露してくれました。

それでは1つ1つ紹介していきます。今回は紹介するのは…。

 

ギラギラコウゲキ(プロト)
GIRAGIRA  KOUGEKI(PROTO)

迷宮入り⁉していた規格外のマグナムベイト・ギラギラコウゲキがついに…

デプスといえば奥村さん、奥村さんといえば、ビッグベイト! というか、ビッグを通り越してジャイアントベイトというイメージ。そんな奥村さんから紹介してもらったのは、規格外のマグナムベイト! ギラギラコウゲキの最新バージョン。

ギラギラコウゲキは、元々はビッグスプーンの強烈なフラッシングとサカマタシャッドのキレ味鋭いダートを融合したジャイアントベイトがコンセプトで開発が始まったアイテム。

今思うと、初お目見えは6年以上も前で、DVD・デカバス攻略メソッド2のロケ時。

名前の由来は、実釣ロケ中に奥村さんが「ギラギラさせよか…」といったことから、その流れでそのアプローチを「ギラギラ攻撃」と命名。

そのまま名前もギラギラコウゲキになって今に至っているんです。
ただ、これを超えるインパクトはないであろうとワタクシ記者は勝手に思い込んでいます。

ちなみに昨年2017年は最終段階と思われた2タイプでしたが…。

2017年のデプスニュース8の時に見せてもらったギラギラコウゲキ

 

 

現時点ではジョイント部が少し前になって後ろのテールが動くタイプで落ちついています。

フックアイはすべてスイベルタイプに変更され、掛かった時でも350gという規格外な重量によるバレも抑えた構造になっています。

1 / 3
次へ